ブログデザイン工事中です。少しだけ見にくいです。しばらくお待ちください。

軽度の野菜食主義者になってみて体感したことトップ5【ベジタリアン】

こんにちは、筋トレと野菜食主義が決して相反するものではないと信じているモリスです。

私が野菜食主義になった理由は年末のNetflixのドキュメンタリーを見たのがきっかけです。

ドキュメンタリー番組によると動物性タンパク質が血液をドロドロにするとのこと。

しかも脂肪が少なめなチキンですら毎日の摂取で血液に影響を与えるらしいのです。

もちろん、私は専門家ではありません。

その番組の「正しさ」が本物なのかどうかはわかりません。

しかし私は一通りその番組を見て信じてみることにしました。

というのも、番組では実際に採血をして「血液のドロドロさ」を確認する実験もあったからです。

比較対象は毎日野菜を食べた人と毎日チキンを食べた人の採血結果です。

少し気になった点は野菜を食べた人とチキンを食べた人は別人だったことくらいです。

実験対象者が異なれば血液の状態も違うに決まっている、と思うからです。

しかし、総合的に判断して信じてみることにしました。

 

野菜食主義と言っても完全なヴィーガンではなく「軽いベジタリアン」のような感じでやってきました。

 

・朝食は大豆とサラダとブラックコーヒーとパンと茹で卵

・昼食はブロッコリーとコーンとキノコと大豆のスープと茹で卵

・夕食は蕎麦やマルゲリータやカレー、お好み焼きなどです。

 

以上が大体のイメージです。

大好きなカレーライスも肉を一切使用しないで作ります。

卵を食べているあたりが本物のヴィーガンではないことを物語っていますね。

外食するときはある程度肉中心ではない店を選ぶのですがあまり拘らずに出たものを食べます。

ちなみにプロテインも大豆系のソイプロテインにしました。

 

そんな生活を3ヶ月続けてみて、体感したことや思ったことについて今回は記事にしてみます。

もし、野菜食主義について少しでも気になっている方がいれば参考になればと思います。

 

1位 めちゃくちゃ痩せた

野菜食主義になってみて一番に気がついたこと。

それは体重です。

もう、本当に痩せました。

3ヶ月で7㎏くらい落とせました。

 

元々筋トレが趣味なので野菜主義になりつつも大豆や茹で卵は毎日かかさず食べ続けました。

その甲斐あってか筋肉はめちゃくちゃ落ちたわけではありません。

むしろ理想の体型に近づいた感じです。

野菜はいくら食べても太らないとよく耳にするので、野菜だけはひたすら食べました。

結構噛むので満腹感は得られます。

 

それと栄養面にも気を使いきちんと炭水化物もとるようにしていました。

体のパフォーマンスが下がってしまっては元も子もないですからね。

以前バターコーヒーダイエットを実践した時に比べればかなり体の調子はいいです。

 

2位 外食がめちゃくちゃ困る

これはベジタリアンの方だと最もデメリットとして挙げられる事ではないでしょうか。

外食する場所が本当に困るのです。

特に飲み会ではテーブルの上に上がっている食材のほとんどは「肉」です。

揚げ物も多いのでベジタリアンを実践している私としてはパニックに陥ります。

 

しかし、ここで人付き合いが悪くなっては精神面で不健康になってしまいます。

そこで私が至った考えは、、、

 

「飲み会では肉を食う!」です。

 

はい、これをやらないと本当に食べるものがなくなってしまいます。

私の場合真のベジタリアンではないので肉を食べることを本気で避けているわけではありません。

健康面でパフォーマンスが上がればと思い実践しているので「明日からまたやろう」という気持ちで切り替えをして続けました。

 

ベジタリアンになってからの肉は本当にうまいです。

噛み締めるほどに肉の油が渇いた舌を刺激しまくり本来の旨味を感じることができます。

泣きそうになります。

 

しかし次の日からはきちんとパフォーマンスに向き合って野菜生活を続けます。

なので、たった一日の肉を食べる日は自分を許しました。

 

ちなみにジャンクフードを食べるときはマックならフィッシュバーガーを、モスなら摘菜バーガーがあるので意外といけます。

特にモスバーガーの場合は肉の代わりに大豆でできたパテを選ぶことができます。

もう神です。モスバーガー。

おすすめですよ。

 

3位 体臭が少なくなった気がする

肉を食うとおならが臭くなります。

これは真実ですよね。

野菜生活をしてから初めのうちは臭かったのですが、最近おならをしても臭くないのです。

気のせいかもしれませんが臭くないのです。

体調かもしれませんが、本当に臭くないのです。

 

家族でドライブ中にこっそりしても全くバレません。

バレなさすぎて一人でニヤニヤしてしまうほどです。

 

信じるか、信じないかはあなた次第です。

 

4位 酒に酔いやすくなった気がする

肉を食べると血液がドロドロになることが関係しているのかもしれません。

野菜生活を続けていると血液がサラサラになり酸素や栄養素が運ばれやすくなると言われています。

 

同時に酒に酔いやすくなった気がします。

別に量が飲めなくなったというわけではありません。

 

いわゆる「酔った」と思える感覚になりやすくなったということです。

そこから先はこれまで通りずっと飲めるのですが、酔いやすくなったような気がします。

 

あくまで体感的なことなので信じるか、信じないかはあなた次第です。

 

5位 子供へは肉を食べさせたいという謎の悩み

これは子持ちならではの悩みです。

どうしても野菜生活を続けていると冷蔵庫の中に肉の存在が少なくなります。

当たり前ですよね。

 

野菜生活は私自身のために行なっているのであり子供に強要するつもりはありません。

むしろ親の勝手な考えで子供が肉を食べられないなんて可愛そうです。

 

なので子供用に肉は買うようにしています。

しかしここで困ったことが起こります。

それは子供が肉を残すことです。

 

これまでは残りものが出ないように子供が残す可能性を考えて調理し全部家族でシェアして食べることができました。

しかし私の生活に影響を受けた妻までも野菜生活を実践することで本当に子供しか肉を食べない事態になりました。

 

この肉の買い方というか調整が難しいのです。

でも子供にはちゃんと肉を食べさせたい。

肉を知らないで生きる子供と肉を食べない大人という葛藤に日頃悩まされています。

 

いかがでしたでしょうか?

これが私の野菜生活のリアルです。

少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。