ブログデザイン工事中です。少しだけ見にくいです。しばらくお待ちください。

オリラジ中田敦彦さんがヴィーガンに。動画内容にもの凄く共感した部分とは?

 

  • ヴィーガン少し気になるけど‥肉を食べないなんて大変じゃない?

 

結論から言うとヴィーガンの実践は慣れるまでは大変です。

なぜなら、周りを見渡せば、とにかく肉、肉、肉‥

ファーストフード店でも居酒屋でも肉で溢れています。

はじめは何を食べれば良いか悩むでしょう。

 

実践するのは大変ですが、ヴィーガンにはメリットがいくつかあります。

例えば健康問題、環境問題、動物福祉などの観点でメリットがあるとされています。

 

かく言う僕一時期はヴィーガン実践者でした。

(現在は、肉を避けて魚は食べると言うスタイルに落ち着きました。)

 

今回はそんなローミート生活(肉をできるだけ排除した生活)をしている中、オリエンタルラジオの中田さんがヴィーガンを実践しているとの動画をYouTubeで見つけ拝見したところ、僕の実践理由とほぼ同じで驚いたので記事にします。

 

今回はオリラジ中田敦彦さんの動画に共感した部分について記事にします。

実は少し疑問な部分もありましたので、そこについても触れますね。

ヴィーガンについて興味のある方は参考にしてみてください。

 

モリス

決してヴィーガンをオススメする記事ではありません。

「そんな生き方もあるんだな〜」程度で読んでいただけたら幸いです。

 

 

共感1:中田敦彦さんのヴィーガン実践理由に超絶共感

  • そもそもなぜヴィーガンを実践してる人がいるの?

ヴィーガンの実践理由は様々です。

 

  • 動物福祉の観点(畜産が殺されるのがかわいそう)
  • 健康問題の観点(動物性の脂質の問題)
  • 環境問題の観点(畜産にかかる水やエサ、土地の問題)

 

宗教の問題など、他にもいくつか挙げられますが僕の場合は「健康問題の観点」で実践しています。

動画でも述べられていますが、動物性食品は大腸癌のリスクを高めるとされています。

薬剤師である私からも食べ過ぎには注意する必要があると考えています。

 

また、動物性の脂質はメリットよりもデメリットの方が多いです。

悪玉コレステロールへの影響がエビデンスレベルで発表されています。

 

しかし、脂質は体に重要な栄養素です。

細かい話は抜きにしますが、僕の場合は体にいいとされる油で脂質を補うようにしています。

 

またタンパク質についてですが、大豆を中心に摂ることで問題なく補えます。

僕の場合筋トレを習慣にしているので、プロテインもヴィーガンプロテインです。

 

モリス
ヴィーガンプロテインこれが結構飽きずに続けられています。

共感2:家族や他人を巻き込みたくない

ヴィーガンという生き方は別に強制するような生き方ではないです。

ちなみに一部、動物福祉(動物が可哀想)という観点で実践している方の中には強制する方もおられるかもしれません。

 

僕の場合は、健康上の問題ですので、強制するつもりもありません。

自分が信じる健康法を自分が得た情報を元に実践しているだけです。

 

もちろん家族にも強制はしません。

世の中の健康法のほとんどは、いずれ覆されることがあるからです。

 

例えば、少し前までは「卵は1日1個まで」と言われていました。

現在では様々な研究から「卵は1日1個以上でもいい」というのが一般的になりました。

コレステロールの数値は食事からの影響は少なからずありますが、体が作り出す量の方が影響度が高いとされているからです。

 

このように、健康法は日々変化していきます。

そんな日々変化する健康法を無責任にもオススメすることはできません。

 

 

共感3:人間の構造上の問題について

  • 人間の目は「色」を認識できるシステムです。
  • 人間の奥歯は繊維質のものをすり潰す構造になっています。
  • 人間の腸は食物繊維も消化できるように長くなっています。

 

それぞれの特徴はこじつけかもしれませんが、菜食するのに便利な機能です。

肉食動物は獲物が動いているのを追えればいいので色覚を認識する必要がありません。

 

対して私たちは色を判別できます。

これは熟れた果実を選ぶのに一役かっています。

 

もちろんこの理論は信憑性にかける部分はあります。

マンモスを食べていた時代だってあるので、結果人間は「雑食」なのかもしれません。

しかし、菜食に長けている生き物であることには変わりありません。

 

つまり、僕たちはもしかしたら、菜食が体にあっているのでは?というのが僕の結論です。

 

 

共感できない部分について‥

どうでしたか?

少しはヴィーガンについて興味を持ってもらえたでしょうか?

 

オリラジの中田敦彦さんの動画は僕にとってかなり近い感覚だな、というのが感想です。

しかし、1点気になる部分が、、、

 

気になる点、それは1日1食理論です。

ちなみにアーティストのガクトさんも1日1食で有名ですよね。

 

結論から言うと、1日1食ではエネルギーや栄養素が足りないのではないか?と思っています。

僕自身、ヴィーガン生活を始めた時は3食とっていましたが体重は3ヶ月で10キロ落ちました。

 

植物性食品からエネルギーを取り始めてから便通が良くなりました。

また、肉を減らした分、野菜をメインにとるようになりました。

これだけで10キロ落ちました。

 

それを1日1食と言うのはやりすぎでは?と感じてしまいます。

もちろん、正しい健康法の正解は何が正解かわかりません。

 

しかし、毎日の生活を菜食ベースにするだけで、食物繊維が摂れ、無駄な脂肪を食べなくなるので、個人差がありますが、痩せていきます。

 

もちろん炭水化物の種類を選ぶことも大事です。

実践する事は一向に構わないですが、無理をするのとは違うので、皆さん体にあった健康法を見つけてくださいね。

 

まとめ

食事による健康法は巷では様々な情報が溢れています。

ただ単に「あの人が言っているから」と言う理由で実践するにはリスクがあります。

とは言っても、オリエンタルラジオの中田敦彦さんの動画には共感する部分が多くありました。

 

理論を勘違いして実践すると思わぬ健康被害を被る可能性があります。

ヴィーガンは食物繊維という観点や栄養面でメリットは確かにあります。

また動物性食品のデメリットを避ける事が可能です。

 

一方でヴィーガンでは、ある種の栄養素が摂ることができないとも言われています。(ビタミンB群など)

正しい知識を身につけて実践していただけたらと思います。