ヤングにピーポー!そしてプルプル!プルプルは頑張るのプルプルだよ!

生きている意味を考えるのなんて人間くらいだよ?一度きりの人生をむしゃぶり尽くそう。

冒頭からめちゃくちゃテンション下がることをいいます。

どうやら俺が生まれた事に意味を見出そうとしても、答えはないって事だ。

でも心配するな。

これから明るい話をして行こうと思う。

 

人生なんて単なる暇つぶし。

それに気づいたのは2020年今年のことである。

 

俺は生まれたからには、使命というかなんというか、俺が生まれてきた意味、何かしらある!

そう思って自分の存在意義を探求してきた。

だけれども、どうやら、生まれてきたことに意味はないらしい。

 

くそ!くそくそ!

生きていることに意味がないなんて信じたくない!

うん、信じないぞ!

ぜーったい信じない!

うん、、、生まれてきた意味、絶対あるし!

だって俺がいなかったらさ、この世の中どうなるよ?

俺がいないことで、世の中ほんの数ミリだけど影響あるかもしれないぞ!

例えばさ、、、、。んとね、、、。

あれ?

俺いなくても大丈夫じゃね?

あれ?

 

いや、困るやつ絶対いるって、絶対!

絶対いるって!

 

少し考えさせてくれ!

 

‥。

 

でも、まあ、困るって言っても、悲しむやつくらいかもしれないな!

俺がいないと生きていくことが物理的に難しいやつなんて、いないかもしれない。

あれ?じゃあさ、、、。

俺が生まれてきたさ、意味なくね?

ね?ね?

誰か答えてくれ!

おい、意味あるよと!

俺がいなければ、世界の歯車が回らないよ、と!

 

 

一人ひとりの人生に意味はある!

そう思いたい自分がいたんだ。

 

このへんで少し本質的なことについて語ろうと思う。

人間が存在する理由についてだ。

 

人間もこの地球上で言ったらただの動物だ。

文明を持ってるだけで、極端な言い方をすれば、食って、寝るのが仕事みたいな存在だ。

本能的に子孫を残す、本能的に寝る、本能的に飯をくう。

そう、他の動物と本質的なことで言ったらおんなじ存在だ。

 

地球上に存在している数多くの動物たちって何か使命を感じて生きているのだろうか?

例えばライオン。

あいつらは、今日生き抜くために動物を狩ってそして食べる。

もはや生きるために生きている。

そして腹を満たしたとは、ただ寝る。

そして起きて、散歩する。

そう、昼寝して散歩するんだ。

あ、たまに発情もするけどなっ!

 

そしてだな、ライオンの世界に、ゲーセンなんかない。

もちろん、暇だからといって、旅行なんかもいけない。

もしかしたら、ライオンたちもさ、

「おい、暇だからちょっと木が生えている向こうまで行ってみようぜ!」とか会話しているかもしれないけどさ。

でも基本、暇を潰そうにも潰せないのだ。

めっちゃ暇じゃん、ライオンの人生w。

 

って、俺の人生はどうだろう?

暇じゃね?

俺の人生も結構暇だ。

ゲームばかりしている。

飲みにばかり出ている。

パチンコやっている時期もあったな。

何か無理やり理由をつけて、何かを頑張っているけど、生きることにフォーカスすれば結構暇かもしれない。

 

まあ、ライオンは暇どころか生きるために必死だから、暇とかどうとかの次元にすら至っていないのかもしれないけど。

 

つまりさぁ、ライオンはただ生きるために食べて、子孫を増やすために生殖活動を行って、体を休めるために寝る。

ひたすらそれを繰り返す。

 

じゃぁさ、人間は特別な存在で生きる意味を与えられているのだろうか?

いや、そんなことはあるわけがない。

極めて言えば、人間は動物と一緒で、ただ生きるために生きている存在だ。

「自分が生まれた意味」なんて考えても答えなんかない。

 

つまりね、もう楽しんだもの勝ちってことだ!

だって、自分が今生きていることに意味なんてないんだから!

苦しい思いして、俺はこんなに頑張っているんだぞ!ってアピールしてもさ。

なんか虚しくなってくる俺がいる。

 

もちろん家庭を持っていて、幸せにするとか、なんとか、そういう意味でいえば意味はある。

存在する意味はある。

でも、それって後付けだ。

俺がこの世に生まれた時点で意味はなかった。

結果的に家庭を築いて今、俺が存在している意味はある。

でも、俺がいなくなったら?

それでも、明日からは少しばかり周りを悲しませてしまうかもしれないけど、それぞれの人生をそれぞれが歩んでいく。

俺がいなければ、ダメだっていう理由は、突き詰めていえばどこにもない。

 

しかも俺ら人間は、ライオンと違って生きることに必死になる必要に欠ける存在になっている。

食うために必死になる必要はない。

いくらでも飯は食える。

いつ襲われるかわからない状況で寝る必要がない。

帰宅すればあったかいお布団が快眠を約束してくれる。

体だって、めっちゃ臭くても大丈夫だ。

いつでも風呂に入ることができる。

 

つまり、もはや人間は生きることに必死になる必要すら、他の動物に比べたら限りなく無いわけだ。

そりゃ暇だよ。

生きる意味だって考えてしまうよ、人間は。

 

だからこそ、まじで好きに生きていいと思う。

もともと意味なんてないんだから。

生きる事に必死になる必要なんてないくらい暇なんだから。

暇な時間は楽しく過ごしたいじゃん?

 

いちどきりの自分の人生をどう生きるか?

それは自分次第なんだと思うよね。

 

もちろんさ、本当に楽しんでるやつは、しかるべき努力をしている。

努力をした上で、勝ち得たものに満足して人生を謳歌している。

 

つまりさぁ、何が言いたいかと言うとだね。

好きなことをやりまくって、結局お金がなくなって、嫌な思いをするのも嫌だし、お金のために働きまくって、遊ぶ時間もなく、人生楽しめていない自分も嫌だと思うんだよね。

 

だから、俺はやる!

やってやる!

 

目の前のことをひたすら楽しむ!

ちゃんと頭を働かせて五感を使って人生を味わう!

 

笑う!考える!思うままに行動する!

もう感じていること自体が、おもしれ〜ことなんだって思う事にする!

 

そして、自分の人生の幕が閉じる時にこう思いたい。

 

「ああ、なんかよくわからないけど、よかったよ、俺。」と。

 

「ゲームとか、めちゃくちゃ頑張ったけど、なんかよくわからないけど、まあ、楽しかったよ、俺」と。

 

 

 

だから俺はやる。

 

喜怒哀楽を感じて、感情を揺さぶる起伏のある人生を歩む。

 

苦しいこともあるけどさ、コロナとかさ。

 

だけれども、それすら、何か楽しいことがあった時には反動でめっちゃ楽しく感じさせてくれるコロナなのかもしれない。

 

だから俺はこの記事を通して記しておく。

 

他人には迷惑をかけずにひっそりとめちゃくちゃ楽しく過ごす!

 

そう、一度きりの人生なんだから。