ヤングにピーポー!そしてプルプル!プルプルは頑張るのプルプルだよ!

値段分使ってる?モノで溢れている時代「使い切りマインド」を。

俺は無類の文房具マニアだ。

それも、結構いっちまっているレベルでだ。

自宅のデスクの上には、これまでに集めたボールペンや万年筆、シャープペンにノート、メモ帳、、、。

めちゃくちゃたくさんのモノで溢れている。

収集癖ってわけではない。

新しいモノに出会うと、どうしてもワクワクドキドキがとまらなくなるのだ。

それで、つい、ボールペンを持っているのに、新しいボールペンを買ってしまう。

インクの種類とかさ、見た目とかいろいろあるじゃん?

買っちゃう理由。

でもそれじゃダメだと個人的に思っている。

デスクを見れば一目瞭然だ。

だって、使われていない文房具で溢れかえっているからだ。

使われない文房具、めちゃんこ可哀想だよ。

使われないのに、放置されてさ。

可哀想にも程がある。


買ったモノを「値段分使い切らない」問題。

ぶっちゃけさ、コレ、文房具マニアの俺だけの問題じゃないと思うんだよね。

化粧品、日用雑貨、洋服でも同じようなことが起こっている。

ヘアワックスなどを想像してほしい。

無駄に持っていないだろうか?

新しい化粧水なんかでも、ついつい見つけると買ってしまう。

ファンデーションは?

洗顔は?

そして、古いものは使い切らずに放置されてしまうこともしばしばある。

洋服でも同じ話だ。

ファストファッションが流行している現在、欲しいデザインはかなり安く手に入る。

しかも、ファッションは流行の移り変わりが激しい。

極端な話、先週買った服が、次の週にはトレンドが変わっていることだってある。

今流行ってるものは、買った値段分以上使われずに捨てられていく。

いや。捨てられることすらなく放置される。

うん、可哀想だ。


何故こんなにモノが増えた?

俺の考えはこうだ。

今の時代テクノロジーが進化し過ぎた。

洋服だって安く作れる。

流通にもコストがかからなくなった。

例えばUberやAmazonなど、一昔前はなかったモノが現在ではある。

今の時代、安く、気軽にモノが買える。

そりゃ、モノで溢れるよ。

100円均一だって、アナログだが安くモノが手に入る。

たいてい、そういうモノは大事にされないことが多い。

そして、俺が1番問題に思っているのは、それらの安く流通しているものは人生に彩りを与えないという事だ。

家にゴミばかりたまる。

いや、実際には使えるのだけれども、使わない時点で無駄なモノ。ゴミと一緒だ。

この問題をどう乗り越える?

どう、ゴミを増やさないように物を選ぶ?


解決糸口は「モノへのリスペクト」

解決糸口としてやはり、買ったモノは最後まで大事に使う精神が必要だ。

では使い切るためにはどうすればいいか?

そう、モノへのリスペクトを忘れない事だ。

だってさ、まず、敬意を表して、ある品物を買ったとする。

そうすれば、使い切らない事にはモノに対して失礼だ。

例えばボールペン。

いや。

わかってる。

例え話で、さっきからボールペンが出過ぎていることは。

でも、まず、まぁ聞いてくれ笑。

まだ使えるのに、もっと使いやすそうなボールペンを買うくらいなら、初めからいいボールペンを買えばいいって事になる。

それだけ買う瞬間に気をかけなければならない。

買う瞬間を意識して、リスペクトできるモノを買うんだ。

そして、買ったらもう、最後までボロボロになるまで使い倒す。

まるで新品のデニムの色落ちを愉しむように、どんなモノでも使い倒す。

使い切りマインドがあれば、モノが多いこんな時代でも、上手に付き合っていける。


使い切りマインドで得られる効果

モノを使い切ると考えることで、買う瞬間に熱量を使う事ができる。

つまり、無駄なモノを買わなくて済むようになる。

家がモノで溢れ帰った雰囲気とかイヤでしょ?

無駄なものは買わない方がいい。

また、使い切りマインドにおいてもう一つ、いい効果が得られる。

ボロボロになるまで、使い切るからこそ、「買い換えどき」が分かるという点だ。

それまでは買わなくてもいい。

買わなくても、大抵の物はあなたの人生を激変させたりはしないと思うぞ。

ただし、例外がある。

パソコンやスマホなどの電子機器だ。

これらはマジでボロボロになると使い物にならない。

新しければ新しいほど、効率的で最高のパフォーマンスを発揮する。

つまり、どういう事かというと、電子機器の寿命は短いって事だ。

ある意味使えても、スピードや能率が落ちれば、もはや使えないのと一緒だ。

それらの電子機器を仕事で使うなら、間違いなく買い替えて行くのがいい。

必要なのはデータなのだから、古い本体は売ってしまえばいい。

アナログな物には使い切りマインドを。

デジタルな物はそこそこの流行を。

まとめ

無駄な物で溢れかえらないように、物に対する考えをまとめる。

  • 物は使い切る
  • リスペクト出来るモノを買う
  • ボロボロになったら買い替え
  • デジタルツールは最新の物を

これらの事を守るだけで結構スッキリすると思うぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。