ブログデザイン工事中です。少しだけ見にくいです。しばらくお待ちください。

【家トレ】腹筋ローラーとプッシュアップバーで自宅トレーニングを効率化

こんにちは、自宅トレーニングをいかに充実させるかを日々考えているモリスです。

以前はトレーニングジムを契約していて、週3で通うことが多かったのですが、子供ができてトレーニングに通うための時間が勿体無くなり自宅トレーニングへ移行していくことになりました。

 

もちろんジムでのトレーニングの利点もあります。

やっぱり黙々と自宅でトレーニングをするよりも周りに頑張っているトレーニーがいた方が自分自身も頑張れます。

しかし、ライフスタイルは人それぞれなのでボディーメイクは無理のないようにそれぞれのライフスタイルに合わせた方法を取るべきです。

 

ちなみに私はトレーニングジムを契約している期間が1年あったのですが、その間にトレーニングが習慣化し、かつ、効率の良いトレーニングの方法を身につけることができました。行ってよかったです。

 

そして以前、自宅トレーニングには外せないインクラインベンチ可変式ダンベルについての記事をあげました。

 

▼過去記事はこちら

自宅トレーニング派は必ず揃えた方がいいダンベルとベンチ台について

 

インクラインベンチと可変式ダンベルがあれば家トレにおいて最強に近い状態になります。

最強に近い状態の家トレ環境をさらに良くしようと提案したいのが今回の記事です。

手軽かつ安価なアイテムについて2つ紹介していきます。

どれも自宅トレーニングでは使えるアイテムなのでよかったら参考にしてみてください。

 

腹筋はこれだけでいい?腹筋ローラー

腹筋といったら腹筋ローラーといっても過言ではないくらいに自宅トレーニングでは腹筋ローラーが定着しています。

 

これだけあれば腹筋は完璧です。

 

そもそも、ボディーメイクにおいては腹筋は全くやらないという方も世の中にはいます。

フィジーク体型を目指す場合、そんなに腹筋は鍛えなくてもいいという理論があるためです。

(腹筋が肥大しすぎると胴周りがスマートになりにくいらしい)

 

実際は素人が腹筋をある程度鍛えてもそんな腹回りが太くなるほど鍛えることはできないと思っています。つまり私は腹筋ローラーでの腹筋トレーニングは推奨派です。

 

実際、ボディーメイクだけならいらないかもしれませんが、腹筋はないよりあったほうが起き上がる動作やランニングのときの補助筋肉として活躍するので鍛えるべきだと思います。

 

本来なら腹筋は体脂肪を落とすだけである程度割れて見えてくるものなので鍛える必要はありません。

 

でもどうせ鍛えているなら男らしく強くありたいですよね?ゴリラを倒せるくらいに。

 

1000円程度で手に入りますし効率よく鍛えられるのでオススメします。

安いので失敗してもいいですし、購入に躊躇する必要はありません。

何よりも腰を痛めないのでいいです。

 

プッシュアップバーは自重トレの強い味方

プッシュアップバーは自重トレをこよなく愛している方には必須のものになると思います。

 

プッシュアップバーを使用することで可動域を広げることができるので筋肉への負荷を大きくでき、かつ普段はかけられない部位に刺激を与えることができます。

 

プッシュアップバーは本当に便利なのでオススメします。

何よりこれも1000円程度と安価で手に入るので失敗しても大丈夫です。

 

 

 

安いので、これで理想の筋肉への刺激が与えられるなら迷わず使用してみるべきです。

ちなみに、これがあれば胸、腕、肩を鍛えることができます。

 

詳しいやり方などはYouTubeなどで検索していただければ結構アップロードされているのでみてから購入するものいいでしょう。

 

私はインクラインベンチでダンベルプレスを高重量で行なったあと、軽い重量で自重を使ったプッシュアップバーでの追い込みトレーニングを限界まで行なっています。

 

筋肉へは違う刺激を与えることで成長するみたいなのでプッシュアップバーは持っていてもいいかもしれません。

 

いずれはプッシュアップバーを使った倒立した状態からの腕立てなど、自重を極めていけたらいいなと思っています。

 

以上2つが私がオススメする安価で効果のいい自宅トレーニングアイテムになります。

2つ合わせても2000円程度で揃えられるので本当にオススメです。

 

腹筋ローラーに関しては結構本格的にトレーニングしている人たちも愛用していたりするので効果はお墨付きです。

 

また、プッシュアップバーも筋力やバランス感覚が鍛えられたら体操選手のように高度なトレーニングに応用していくことで使用の幅が広がっていくもの魅力的ですよね。

 

海外の筋トレYouTuberなど本格的に筋トレをしている人たちが愛用していることも多く、やり方次第ではしっかりと筋肉へ刺激を与えることができるのでオススメします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。