【新型コロナウイルス】医療崩壊と同時に起きる医療従事者の精神崩壊

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、新型コロナウイルスに日々怯えながら医療機関でせっせと働いているモリスです。

医療従事者と言っても直接コロナ感染者と触れる機会は多くはないのですが。

 

やはり都心の医療機関の医師や看護師は想像を絶する状態だと思います。

コロナウイルスとの接触を皆さんが避けなければならない状況での緊急事態宣言。

そんな中で積極的に感染者と向き合わなければなりません。

いやでも向き合う必要があるのです。

 

実際に職能を全うして感染してしまった医療従事者もかなり出てきています。

中には家族を持っていてお子さんがいる家庭もあるでしょう。

お子さんが乳児ってこともあり得るでしょう。

なぜなら都心の方では医療従事者が相対的に不足しているからです。

私自身、医療関係の仕事をしていて最も恐れていることは家族や周囲への感染です。

 

目の前の苦しんでいる患者さんを助けるのは当たり前です。

その助ける医療者も極めて言えば、ごく普通の家族を持ったただの人です。

それでも医療行為に向き合っているのは医療者としての信念があるからです。

目の前の患者さんを助けなければ、と動くのが当たり前と考える前に行動する人たちの集まりなのです。

それが医療従事者です。

 

「誰かがやらなければ」という考えを超えた考え、「患者がいるのでとにかく診る」という状態。

そこに理由はないのです。

これまでに経験のない状況を意見を出し合い、勉強会を開催し、創意工夫し立ち向かう姿には、一言に「感謝」だけでは済まされない気持ちが湧き起こります。

本当に涙ができてます。

 

 

医療は肉体的・精神的業務である

医療従事者はとにかく目の前の感染者と向き合わなければなりません。

従事者の感染が見つかり人手が減ったとしても、働かなければなりません。

 

どんなにキツくても、どんなに疲弊していてもミスを起こさないように常に集中して仕事をしています。

普段の業務でさえ、医療ミスについてはミスを起こさないように注意を払っています。

これが長期となると完全に肉体的・精神的に追いやられることは誰でもわかるでしょう。

実際に医療現場に立っている人にしかわからないヒヤリとする事態はあります。

 

医療においてミスは許されないのです。

どんな状況でもです。

正直きついですよね。

ちょっとしたミスから院内感染が起きてしまったとなると、どんなに自分自身を責めるか想像できますか?

 

同時に体力も必要です。

長期にわたる医療行為を行うために集中するためには肉体的にも健全ではないと難しいのです。

疲れていては集中力も切れます。

心身ともに疲弊している、これが現在の都心での状況かと思います。

 

医療従事者を侮辱する行為

緊急事態宣言を全国へ拡大しました。

これで新たな感染者が減ると医療従事者の負担も減るかと思います。

そんな中普通に出歩いている人たちもいます。

 

そんな人たちは「他人事」「自分はかからない」と思って行動しているかもしれません。

もしくは「少しくらいなら」という人もいるでしょう。

中には「パチンコくらいいいでしょ、中毒なんだから」「軽く夜の街に繰り出そうかな、人も少ないし」という人もいます。

 

医療従事者はどんな行動をとった人も助けなければなりません。

それが例え身勝手な行動をとった人でもです。

一時的な欲望のために感染してしまった人を家族を持っている普通の人である医療従事者は助けなければならないのです。

感染リスクを背負いながら。

 

感染しないように最新の注意をしてかかってしまった人もいるでしょう。

しかしどんな行動であれ、医療従事者はこれ以上感染者が増えないことを願っています。

 

医療崩壊の危機?すでに始まっている

医療現場が厳しい状況です。

このままでは医療崩壊は免れないでしょう。

 

そんなニュースが飛び込んできますが、実際のところすでに医療崩壊と言える状況だと思います。

気になる方は「医療崩壊と入院ベッド数」で調べてみてください。

現在のベッド数に対する入院患者数が出てきます。

 

東京都ではすでに97%のベッド数が埋まっています。

それを超えると何が起きるか?

 

そうです、救急搬送のたらい回しです。

医療現場には限界があります。

物理的に不可能なところまで来ているのです。

さらに医療従事者も疲弊しています。

感染者の医療従事者も自宅待機となっています。

 

このどこが医療崩壊への危機なのか?

すでに医療崩壊は起きています。

 

 

診療報酬を倍増?

政府により頑張っている医療従事者への診療報酬を引き上げる話が出ています。

もちろん大変な思いをしている医療関係者の報酬をアップすることは大事です。

「経費」があれば物資を調達でき、そして助けられる命もあります。

 

しかし、今叫ばれているのは医療関係者への「物資」です。

防護服やマスクを必要としているのです。

 

そこにお金があっても今の状況を切り抜ける切り札にはなりません。

コロナの状況を乗り越えてやっと調剤報酬の倍増が活きているわけです。

疲弊し深夜まで働いた人たちの調剤報酬が上がるのは当たり前です。

もちろん経営トップだけではなく医療従事者一人ひとりに還元して欲しいです。

感染のリスクも負ってますし、何より「家族を含めて死ぬ可能性のある感染症」であることはすでに世界の数字を見てもわかりますよね?

 

調剤報酬の倍増は医療関係者に対して必要です。

しかし、今、この瞬間を乗り越えるためには国民の皆様の行動一つ一つにかかっています。

コロナ感染者が出るたびに精神崩壊、そして医療崩壊に向かう現状を打開できるのはそれ以外にありません。

 

これから急に医療従事者が増えることはありません。

簡単に救急搬送先が増えることはありません。

減っていくだけです。

これ以上感染者を増やしてはなりません。

 

完全に医療者目線での話になってしまいました。

まだまだコロナウイルスによる問題はたくさんあります。

 

飲食店の問題

DV問題

検査機関の問題

経済の問題・・・

 

全ての根元はコロナウイルスです。

コロナウイルス感染者を「治す」「減らす」のではなく「これ以上出さない」ということが必要です。

ちょっとずつ制限を増やして、ちょっとずつ感染者を減らしていても、経営や経済は苦しめられます。

短期的に一気に政策を行うことで新たな感染者は「出なくなる可能性」があります。

やるなら短期的に一気に行う必要があります。

 

一気にやった結果不測の事態は起きるかもしれませんが、根元は政策でもなければ医療機関が少ないことでも崩壊でもありません。

 

政策がどうこうで医療機関が復活することは難しいでしょう。

 

コロナウイルスが全ての根元です。

 

これ以上の混乱は不幸を増やすだけです。

 

日本の不幸をこれ以上増やさないためにもまずは国民一人ひとりがコロナに対して向き合わなければならないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました