こやじの意味や使い方って?かっこいいオヤジになりたい

スポンサーリンク
こやじの独言
スポンサーリンク

【コヤジ】の定義

みなさんコヤジって言葉はご存知でしょうか?なんとなく意味が理解できるかたや初めて目にする方もいるかと思います。

コヤジというのは造語になります。そしてコヤジの意味は諸説あるので等ブログでは二つの意味について紹介します。

 

小洒落たオヤジ=コヤジ

一つはこちらの意味です。小洒落た+オヤジ=コジャレオヤジ→コヤジ。等ブログを運営していく上で大事な定義となります。オヤジになってもモテる男性って少数派ですがいるものです。そんなオヤジは大抵小洒落てます。

コヤジといったら最初に頭に浮かぶのはジローラモさんみたいな雰囲気です。かっこいいですよね。

 

子供なオヤジ=コヤジ

もう一つはこちらになります。え?意味がわかりにくい?はい、解説します。

オヤジの定義を例えば50代、60代だとするとまだまだオヤジ界ではケツの青い30代、40代のオヤジの事を指しています。オヤジ予備軍という言い方もします。

 

かっこいいコヤジを目指しましょう

かっこいいコヤジになるには30代、40代からある程度努力する必要があります。努力といっても無理に若者っぽく振る舞ったり似合わない若いファッションをする必要はありません。

 

大抵のオヤジは歳をとるごとに少しずつファッションもダサくなり体型もだらしなくなっていきます。これは全ての人に当てはまるわけではないのですが、世間一般的にはそうなっていきます。

 

年相応のちょっとしたお洒落やセンスを意識していくだけで、周りのオヤジたちが勝手に脱落していくので少しの努力でいい感じでモテるオヤジになれるのです。

 

お?あのおじさんなんか都会的でセンスが良さそうな雰囲気だな。太ってないし。」

 

職場や街中の周囲の人達にこう思わせたらあなたの勝ちです。

 

そしてポイントは常に何歳になっても周りのオヤジたちよりもちょっとだけ垢抜け続ける事が大事なのです。

 

その少しの違いの積み重ねが決して超える事のできない小洒落たオヤジを完成させます。

 

また先ほどの青マーカーの中にもう一つ重要なキーワードがありましたね。それは太っていないことです。デブでもモテないことはないですが、限りなく言葉選びが上手だったり、センスが良くなければモテることは難しいでしょう。

 

そういったセンスを磨くのはなかなか難しいのですが、体型を維持することは誰にでもできます。食べ物に注意し運動をするだけです。たったこれだけです。

 

そして等ブログで推奨したいのはただ単に体型維持をするだけではなくその先にあるもの。つまり筋肉質でかっこいいボディーを手に入れて欲しいということです。

 

日本ではまだまだマッチョは希少な存在です。

 

オヤジになってもさりげなくマッチョというだけで、周りより飛び抜けた存在になれます。つまり注目を浴びることができます。

 

最後に最も大事なこと。

 

それは内面です。

 

お洒落で体型がスマートで筋肉質なだけでは魅力的なオヤジにはまだ少し足りません。

 

せっかくスタイルが良くて小洒落ていても、喋る内容や性格が余りにも悪ければモテません。

 

そして内面を鍛えると言うことは、その後のいい関係を築くのに必須です。見た目がいいと言うことは興味を持ってもらうための入り口に過ぎないのです。

 

【まとめ】

コヤジは都会的でセンスに溢れている

コヤジは体型に気を使っている

コヤジは外見だけでなく内面も鍛えている

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

タイトルとURLをコピーしました