人間の欲求を考察することでブログの「価値」をあげられるかも

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

ブログの流入を増やす場合に、まず考察するべきものに「テーマ設定」があります。
テーマを決める際いくつか方法がありますが、最も簡単な方法に以下のようなものがあります。

・自分の得意とする事について書く
・流行のテーマについて書く
・自分の経験について書く
・人の悩みについて書く
・雑記を書く

他にも挙げればキリがないですが、大まかには上記に通りかと思います。

 

どんなテーマがいい?

ところで、どのようなテーマで始めればいいでしょうか?
最も記事ネタに困らないテーマとしては「雑記」が最強です。
なぜなら身の回りに起こった事をなんでも書けば良いからです。

しかし、そこで問題があります。
それは、ブログの流入の問題です。
雑記はデメリットとして、「ブログを書いている人」自体に魅力がなければ、中々ファンにはなってくれません。
つまり単発での流入はあっても、何度も訪問したいと思ってもらえないのです。

それでは、「流行」をテーマにするのはどうでしょうか?
流行をテーマにすると、新しい記事はいつかは過去のものとなり、常に新しい記事を産み出し続けなければなりません。

そう考えるとやるべきテーマは見えてきます。

それは半永久的に持続可能なテーマでやるべきです。
例えば以下のようなテーマです。

・人の欲を刺激するもの
・仕事をテーマにしたもの
・人の悩みをテーマにしたもの

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

人の欲を刺激するもの

スポンサーリンク

マズローの欲求5段階

マズローの欲求5段階は人間の欲求を5段階に理論化したもので以下のような階層になっています。

自己実現欲求(自分の信念通り物事を実現する)

承認欲求(他者からの尊敬や名声を求めること)

社会的欲求(社会や家族などに「所属」していること)

安全欲求(病気や事故防止など安全な暮らし)

生理的欲求(食欲、睡眠欲など動物レベルのもの)

この5段階では⑤の整理的欲求が満たされることで、次の欲求④が満たされるという説です。

ここで人間の「欲」が見えてきます。
この中にあるテーマは基本的に「永続的」なものです。

 

仕事をテーマにしたもの

仕事をテーマにしたブログは人の役に立つ場合が多く、その仕事が永続的に続く職業ならブログ向きと言えるでしょう。

注意が必要な部分として、寿命の短い職業を選ばないことです。
例えばYouTubeをテーマにしたブログ。

YouTubeは今でこそ人気ではありますが、いずれば別のコンテンツが生まれ、そこに人は集中していくでしょう。

テーマにすべき仕事としては、

・医療系
・料理
・化粧品などの美容関係

などです。

これらのテーマは永遠に続くテーマです。
もちろんこれ以外にも考えられるテーマはあります。

寿命の長いテーマを選びましょう。

 

人の悩みをテーマにしたもの

人の悩みをテーマにすることはブログの流入に一番効果のあるキーワードです。
例えば以下のようなものです。

・容姿に関するもの
・お金に関するもの
・人間関係に関数もの

悩みに関するテーマで自分の強みがある場合は悩まずサイトを立ち上げるべきです。

自分自身の悩みが場合は、これまで「解決」へむけて行動したこともあるかと思いますので、「悩み+解決法」をわかりやすく伝えることが可能です。

 

最後に考えるべきテーマの需要とは?

需要とはつまり「そのテーマを求める人の数が何人いるか?」ということです。需要がなければ、いくらいいテーマでも人を集めることはできません。

選ぶべきテーマが複数ある場合は求める人の数が多いテーマを選びましょう。

そしてもう1段階必要な考えとして「ライバルの少ないテーマ選び」です。
需要があり、かつライバルの少ないテーマを選ぶことが成功への秘訣です。

 

まとめ

人気ブロガーになるための道は険しいですが、上記のことを深く考察することで今でも可能と考えます。

重要なことは、

・人の欲求に訴えるものか

・悩みに応えるものか

・需要があるテーマか

・求める人の数が多いテーマか

これを地道に考えることで成功へと近づくことができます。

タイトルとURLをコピーしました