自分を相手の印象に残すには?人の記憶に残す3つのテクニック

スポンサーリンク
人間関係

「自分が興味のある人になかなか覚えてもらえない」

「この前会ったばかりなのに忘れられてる?悲しい…」

 

自分のことをなかなか覚えてもらえなくて困ったりすることありませんか?なかなか覚えてもらえなくて営業がうまくいかなかったり、綺麗な女性の印象に残ることができずに、次のステップに行くことができなかったり。

 

人に覚えてもらうにはいくつかのテクニックがあります。外見が特別垢抜けている必要も、オーラが無くても今すぐ使える技です。

 

誰かの役に立つかもしれないので自分のアウトプットの訓練も含めて記事にします。

 

スポンサーリンク

会う回数と会う時間の関係

人間の脳は必要な情報はきちんと記憶するという特徴があります。これは知らなければマズいと思わせれば記憶してくれるのです。

では以下の条件の場合、相手の記憶に残りやすいのはどちらでしょうか?

 

  1. 1年のうちで1回だけ10分おしゃべりをした
  2. 1年のうちで10回、1分のおしゃべりをした

 

どちらの総合時間も1年に10分になります。

さて、相手の記憶に残りやすいのはどちらでしょうか?なんとなくわかるかと思いますが答えは2番の方が人の記憶に残りやすいです。

 

人間の脳は繰り返し刷り込まれる情報に対して重要な情報だとインプットする性質があるからです。

 

1年で10分間だけ話した人間よりも、1年で時間が短くても10回会う方が確実に人の記憶に残ります。この性質を利用すればやはり相手に覚えてもらうためには、ある程度、間隔を空けないように注意する必要があります。

 

これは私の経験談になりますが、気に入ったお店には短いスパンでもう一度行ってしまう癖が私にはあります。その癖が原因で、お店のマスターにすぐに覚えられてしまうことが多々あります。

 

短いスパンで、というのがキモであまり期間が長くなってしまうと相手からはあまり重要じゃない情報として捉えられてしまい相手の記憶に残すことができません。

 

上記の例は相手に覚えてもらおうと思って行った行動ではないのですが、脳は繰り返しにより情報を定着させる良いだと思います。

 

フックをうまく使う

フック、つまり引っかかりのことです。

 

フックを使うときは、自分の記憶に残したいときに使うことはありますが、どのように相手の記憶に引っ掛けて残したら良いでしょう。

 

例えばですが、あなたがめちゃくちゃおしゃれな人だとしましょう。とても素敵なスーツを着て相手と会話をすることで、相手からは「なんておしゃれな人なんだろう!」と引っかかりを持ってもらえるはずです。

 

もう一つの例えですが、興味のある相手と話すときは自分の変な趣味や癖をあえて話してみるのもいいかもしれません。そうすることで相手に引っ掛かりが生まれ自分のことを覚えてもらえる可能性があります。

 

覚えてもらいたいときはフックを上手に活用しましょう。

 

相手の脳に感動を与える

最後のテクニックは最も相手の印象に深く関与できるテクニックです。それは相手の脳に深く感動与えると言うことです。

 

深く感動与えると言うのはどういうことか?

 

あなたがとびきりの笑顔で相手と会話してもいいかもしれません。

 

また相手のことを突拍子もないタイミングで褒めてみてもいいかもしれません。

 

女性の場合は、ちょっとした外見の変化に気づいてもらえると嬉しいと言う感情が生まれます。嬉しいと言うのは少し言い過ぎかもしれませんが、少なからず気づいてもらえたことに対しては印象に残るはずです。この感情の揺さぶりが脳を刺激してあなたという人間を重要な情報として残そうとします。

 

相手の感情を揺さぶるにはタイミングが重要になります。先ほど伝えた通り、突拍子もないタイミングで伝えるのが良いでしょう。普通の会話をするそぶりを見せながら、ちょっとだけ相手が恥ずかしくなる褒め言葉を言うのです。あまりくさすぎるセリフでは嘘くさくなってしまうので、ちょいくさいセリフが良いでしょう。

 

人によっては顔が赤くなり、恥ずかしくなっているのが一目でわかります。相手が褒められて照れているようであればあなたの勝ちです。(…勝ち?w)

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました