バターコーヒーたった4週間で-3.4kg 実践録を公開します。

スポンサーリンク
ボディーメイク

もうすぐ夏です!(現在5月初旬 気が早いかな?笑)

以前、話題になったシリコンバレー式最強の食事で紹介されているバターコーヒーを皆さんご存知でしょうか?

 

▼書籍はこちらになります

 

コーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルを投入し朝食として摂取するあの有名なダイエット方法です。

 

「あの有名なやつね・・・。本当に効果あるの?」

「続けるには高いよね・・・。やる価値あるの?」

 

実は以前そのダイエット方法を実践したことがあります。

結論から申しますと私には効果がありました。

 

結果は4週間で-3.4kg!もともとの体型としては体脂肪率22くらいの普通体型からの減量だったので大成功と言えるのではないでしょうか?

ちなみに無理な運動は一切しておりません。

 

お腹周りに溜め込んだ、飢餓時のためのムダな緊急時エネルギー源を夏までに使い切りましょう!

 

少しやり方や考え方を自己流で行なっておりますので、全文読んでいただききになるかたは参考にしてみてください。

スポンサーリンク

必要な食材を準備しましょう

本を読んだことある方はご存知かと思いますが、このダイエット方法は正直にいうとお金がめちゃくちゃかかります。コーヒーはまだいいのですが、問題はMCTオイルとグラスフェッドバターの金額です。

 

どちらの商品もアマゾンなどで調べてみればカンタンに値段がわかると思いますが、続けるとなると尋常ではないほどお金がかかるのです。

 

MCTオイルとグラスフェッドバターについてですが、MCTオイルは別名中鎖脂肪酸と呼ばれるもので体に蓄積されずにすぐにエネルギー源になる特徴があります。取りすぎると下痢をすることも。

 

グラスフェッドバターは牧草のみを食べて育った牛から生成されたバターです。大抵の牛は飼料の中にすぐに育つためのいろいろな栄養を人工的に配合して与えらえているので、グラスフェッドバターの方がいいより自然な食材ということで本書では推奨されています。

 

そこで私はココナッツオイルを購入して、普通の無塩バター(国産)を使用してこのダイエット方法を実践してみました。このココナッツオイルにもMCTオイルが成分として入っているのです。

 

初めてこのココナツオイルを使ったコーヒーを飲んだ時は「なんてお洒落な香りのするコーヒーなんだ」と感動しました。

 

そしてシャレオツな生活をしている自分に酔ってしまい、周りに自慢しまくっていました笑。

 

え?ココナッツオイル知らないの?!

 

しかしその感動も長くは続かず、独特の香りがするココナッツが嫌になりやめてしまうこととなりました。

皆さんココナッツのあの独特な香りは得意ですか?
私は無理でしたね。

 

そこで値段も比較的安いココナツオイルは諦めて、オイルだけは高価なMCTオイルを使うことにしました。

ただし、お金がかかりすぎるのでどこのスーパーでも売っているバターだけは国産の無塩バターを使用しました。

 

▼使用した無塩バターとMCTオイル

よつ葉乳業 北海道よつ葉バター 食塩不使用 450g

仙台勝山館MCTオイル360g <ココナッツベース・中鎖脂肪酸100%>

 

50日までチャレンジを延長し約5キロの減量に成功!

 

具体的な方法は?朝以外の食事は?

ここからは具体的な方法について書いていきます。MCTオイルを購入する以外はカンタンに始めることができます。

 

私が実践した内容をまとめると以下のような感じになります。

  • 朝はバターコーヒー(国産無塩バター+MCTオイル)
  • 昼は野菜たっぷり+タンパク源となる肉
  • 夜は炭水化物を含めた好きなもの

たったこれだけです。

 

注目すべきは夜は炭水化物を食べてもいいということ。

驚きませんか?

たいていのダイエットの王道は朝と昼でしっかりとり、夜はカロリーの高い炭水化物を抜くと言う事が推奨されてきたかと思います。

しかしこのダイエット法は夜に好きなもの食べてもいいです!

 

でしょうか、続けることができそうだと思いませんか?

 

特にサラリーマンは夜に飲み会などが入ることがあるので、これまでのダイエット方法だと飲み会の次の日に来るであろう罪悪感からなかなかダイエットへのモチベーションを続けることができずにやめてしまうことが多かったかと思います。

 

具体的な痩せる技術についてですが詳しい事は本を読んで勉強するとして、朝は体に溜めこまれないエネルギー源であるMCTオイルを使いつつ、昼までのエネルギー源としてバターが少しずつエネルギーに変換され吸収されて行きます。

 

ここで炭水化物を取らないのでインスリンが大量に出ることがないため体に脂肪が蓄えられにくい状態ができます。

 

また昼も野菜と蛋白源である肉を摂取することで、インスリンの過剰な保湿を防ぐことができ体内に無駄なエネルギーを溜め込むような状態を避けることができます。

 

夜はしっかりと炭水化物をとることで、寝るときの脳のエネルギー源として糖質が使われ、良質な睡眠を得ることができます。

 

このダイエット法をすることで初めて気がつくことがあります。

朝と昼に炭水化物を抜くことで、昼間襲ってくる眠気が全くなくなります。

 

このことからも夜の良質な睡眠のためには炭水化物は必須と言えるでしょう。

 

原理は理解していただけたでしょうか?

d大体の事は合ってるかと思いますが、個人的な解釈も含まれているので実際の本を読んでみることをお勧めします。

 

それでは実践録を公開します。

念の為言っておきますが期間中、マラソンなどの運動は一切しておりません。

  • 1日目 62.6kg  初日はバターコーヒーのみでは腹がへる。
  • 2日目 62.5kg  1日体に力が入らない。集中力もない。
  • 3日目 61.7kg  体が慣れたのか空腹感は減り、頭はスッキリしている。
  • 4日目 62.2kg  昼食後にある体変化に気がついた。眠くならない。全く。
  • 5日目 61.7kg  スッキリ。空腹感もない。すごい。
  • 6日目 61.4kg  肝心の体重は誤差のあるレベルで減ったり増えたり。
  • 7日目 61.2kg  昼に炭水化物と取らないと眠くならないようだ。調べた。
  • 8日目 61.1kg  特別記録することもなくなったので体重の増減のみ記録。
  • 9日目 61.5kg
  • 10日目   61.6kg
  • 11日目   60.9kg
  • 12日目   60.8kg
  • 13日目   60.8kg
  • 14日目   60.8kg
  • 15日目   60.3kg
  • 16日目   60.7kg
  • 17日目   60.8kg
  • 18日目   60.8kg
  • 19日目   60.3kg
  • 20日目   59.7kg
  • 21日目   60.0kg
  • 22日目   59.9kg
  • 23日目   59.7kg
  • 24日目   60.0kg
  • 25日目   60.0kg
  • 26日目   60.3kg
  • 27日目   59.9kg
  • 28日目   59.8kg
  • 29日目   59.1kg
  • 30日目   59.2kg
  • 31日目   59.3kg
  • 32日目   59.2kg
  • 33日目〜40日目は記録を怠りメモを残してませんでした、、、。
  • 41日目   57.9kg
  • 42日目〜49日目も記録を怠りメモが残ってませんでした、、、。
  • 50日目 57.7kg

 

50日で-4.9kg達成!う、嬉しい!

だいたいこんな感じです。

 

ちなみに素人的考えで、たくさんバターを使用したので健康診断の何かしらの数値に異常が出る可能性を恐れていましたが、全く問題なくDrからは健康そのものだね!と言われました。(安全を保障する文言ではありません。)

 

以上が私のバターコーヒーダイエット実践録になります。最後まで読んでいただきありがとうございます。



 

タイトルとURLをコピーしました