情報カードって知ってる?情報集めの魔法のツールです

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク

情報管理はアナログ派?デジタル派?

情報が溢れている現代、きちんと情報をキャッチしきれていますか?

私は無類のメモ好きでして色々な方法を試した結果、一つのやり方を提案したいと思います。

 

ちなみにコレまで私が情報を記録しようと試してみた方法は以下の通りです。

普通にノートに記す

A4ノートに書いてバインダーで保管・管理する

エバーノートを利用する

Apple製品に標準装備されているメモを活用する

モレスキン手帳を使って情報をいつでもストックできるようにする

情報カードを使って情報をストック・整理する←今回の記事はコレ

 

そのときどきで目や耳から入る情報をすべてきちんと吸収しようと思っても、後で思いだそうとした時に「あれ?なんだったっけ?」となる事ありますよね?

 

情報管理に関してはスマホやタブレットの出現で全てガジェットで管理されている方も多いでしょう。

それに対してアナログで整理する方が好きな方もいると思います。

例えばノートや手帳などのツールを使った方法です。

 

私もiPhoneの登場で全ての情報をデジタルで管理使用とした時期がありました。

デジタルでの情報管理だと紙の消費がないし直接書くよりも早くそしてポケットにいつも情報を忍ばせておくことができるので重宝していました。

しかし、しっくりこないのです。

なぜかというと、書くという行為が好きなのと絵などのイメージの情報をうまく残せないことが多いのです。

 

今でこそペンタブの性能が上がってきているのでメモ帳のように使うことも可能だとは思うのですが、それでもまだまだ実用性に欠ける部分もあります。

 

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

最後まで読んでいただければ情報カードに少しは興味を持ってもらえていると思います。

 

ツール メリット デメリット
デジタルツール ・ページが増えてもかさばらない

・検索機能が使える

・修正が楽ちん

・電源がないと不安になる

・イメージメモが書きにくい

・職種によってはデジタルだと難しい

・定期的なバックアップが必要

アナログツール ・すぐに取り出しメモができる

・絵などのイメージを書きやすい

・データは紙として保存しやすい

・検索性に乏しい

・ページが増えるとかさばる

・ノートだと不要なページが削除できない

 

だいたいこんなところでしょう。

このアナログ派とデジタル派のメリットを併せ持ついいとこ取りのツールがあるのです。

それが情報カードです。

5×3の情報カードが便利すぎる

そもそも情報カードってご存知ですか?

こんな感じの少し厚めのカードです。

カードの大きさは名刺サイズやはがきに近いサイズなどいくつかのサイズがあります。

使っていくうちに思いついた情報を書いていくには書きやすさ携帯のしやすさという観点から5×3サイズがいいという結論に至りました。

そして情報集めにはカードというのが好相性です。

それはなぜか?

いつでもどこでも取り出してメモができるからです。

大抵の情報は断片的な情報が多くノートのように広く書き込めるスペースは必要ないことが多いですよね。

またデジタルツールと違いバッテリーに悩む必要もなく、必要のないページはくしゃくしゃにして削除できます。

出来上がったカード達は例えば仕事や遊びやアイデアなどに分類してアーカイブとして分けてとっておくことができます。

 

ちなみに私の場合、活用中の情報は写真入れに保管してノートのように使用しています。

5×3インチが写真入れにうまくハマります。

いらない情報が出てきたら捨ててしまうか、今後も必要な重要な情報はアーカイブとして抜き取り別の場所で保存しています。

ノートのように不要なページができずに、常に最新の情報が載ったノートの出来上がりです。

情報カードとジョッターという代物を併用しよう

ジョッターとは情報カード単体では机など、平坦な場所がなければ書けないという状況を打開するためのアイテムです。

百聞は一見にしかず、こんなものです。

この情報カードを支えている厚手のケースがジョッターと言います。

これがあると何がが変わるか?立ったままでも素早くアイデアを書き残しすぐに新しい情報カードを差し替えることができるのです。

これがポイントで歩いているときなど、ふと良いアイデアを思いついた時はすぐにメモしてしまえば忘れることはありません。

▼ちなみに私が愛用しているジョッターは情報カードを数十枚ほど収納できるものになります。(上の画像から詳細見れます)

見た目もお洒落でめちゃくちゃ便利です。

モテるコヤジは雑学の引き出しがいっぱい

細かい情報を日々メモして残すことで圧倒的な雑学力が身につきます。

もちろん仕事にも活かせる便利アイテムです。

この記事を通して伝えたいことは、メモによりインプットした情報は活用することで血となり肉となり魅力的な人間を育ててくれるということです。

雑誌や映画で見つけたインスピレーションやランチリスト、飲み屋リスト、行きたいリストなど「おっ?使える!」と思った場所や名前、名言などはどんどんメモしていきましょう。

私はこの方法を使うようになってから雑談などの会話のネタには困ることがなくなりました。

もちろん仕事に活用しても良いですし、私はブログの記事やアイデアなどをふと思いついたときなどにメモしアイデアを逃さないようにしています。

アナログ派の皆さん是非お試しあれ。

タイトルとURLをコピーしました