圧倒的雑学力で魅力のある人気者になろう 雑学力を育てる方法

スポンサーリンク
雑学
スポンサーリンク

なぜ雑学力をつける?

圧倒的雑学力をつけると言う事はオヤジにとって大切なことです。インターネットが発達した今の時代は、本当に手軽に雑学を身に付けることができます。

現在ある環境は最大限に活用しましょう。

雑学力をつけると言う事は以下のようなことになるということです。

どんな人とも会話ができるようになる

相手を飽きさせないようになる

時間=信頼度

それでは一つ一つについてもっと細かく話していきます。

どんな人とも会話が出来るようになる

これはそのままなんですが、雑学力つまりいろんな知識を持つことによって幅広い人たちとコミュニケーションがとれるようになります。

 

幅広い人たちと言うのは、いろいろな年代の人たちのことです。

 

そして、いろいろな年代の人々と会話ができると言う事はとてもメリットがあります。年配の方からは経験からに基づく知恵を、同年代からはモチベーションや改革を、年下からはインスピレーションをもらえるでしょう。

 

雑談や雑学にこそ意味がある。

 

何といっても物知りな人って魅力的ですよね。いろいろなことを知っている人間は周りから人気ものになりやすい傾向があります。

相手を飽きさせない

これもコミュニケーションをとる上で大事な要素の1つです。人間には知識の引き出しの限界が必ずあります。

例えば職場などでは毎日毎日同じ人間と会うことになるでしょう。つまりそういった状況ではいずれは自分の知識に限界が来てしまい新鮮な会話をすることができなくなってしまいます。

逆に言えば、新鮮な話題を振り続けることができれば周りの人間から常に興味を持ってもらえることが可能と言えるでしょう。

そこで必要なのは圧倒的な雑学力。圧倒的な雑学力は鍛える事ができます。また、モテるオヤジになるためには気になる女性に話を振っても、ネタが尽きて話がすぐ終わるようではスタート地点にも立てません。

新鮮な話題で常に興味を引きつけましょう!

時間=信頼の図式で考える

話す時間がなければ長いほど相手との信頼関係は高まります。そのためには雑学と言うたくさんの引き出しがなければ可能になりません。

もちろんそれが全て当てはまると言うわけではありませんが、相手といる時間が短いほど相手の事はよくわからないと思います。人間はよくわからないものに対して拒否反応を示します。

圧倒的雑学力と時間との関係ですが、やはり雑学力あったほうが相手と共有する時間は多くなります。

また、共通点も多く見つけることができるでしょう。共通点を見つける事は相手との距離を縮める1つのテクニックです。

初めて会った人に物事をお願いすることは抵抗があると思いますが、何度も会っている人には信頼関係が生まれているので頼み事もすることがあるでしょう。つまり時間をかけた分だけ信頼関係は生まれやすいのです。

圧倒的雑学力をつけるインプット方法

まずはインプット方法についてです。

オヤジの皆さんはとりあえずは以下の方法で情報を収集しましょう。

Instagram

ニュース

Twitter

ショップ店員など情報通と仲良くなる

話題の本を読む

雑誌を読む

理容師さんと仲良くなる

オヤジの皆さんは忙しい毎日を送っているので、まずはTwitterやInstagramの情報をすきま時間を見てチェックするだけで会話に必要な雑学力に困ることはないでしょう。

 

特にTwitterやInstagramはテレビで入るニュースより早く情報をキャッチすることもあります。むしろテレビのニュースがInstagramやTwitterの情報を引用することすらある時代です。

 

Twitterは幅の広いビジネスや世の中のことに対する考え等をいち早くキャッチできます。Instagramは女性が喜びそうな情報や趣味に関する情報が手に入りやすいです。さらにどちらの媒体もフォローすると言う仕組みがあるので、自分が知りたい情報はいち早くキャッチできるようにできています。利用しない手はないでしょう。サクッとアクセスできて、すぐに使える情報を手に入れる。もはや魔法のツールといえます。

 

話題の本を読むことも欠かさないように心がけましょう。雑誌でもなんでもよいです。雑誌でも本でも大抵は値段以上の価値があります。

 

また理容師さんは仕事柄、様々な職業の人と接します。話題に困らないように努力されている人もいるでしょう。一般的に理容師さんは物知りです。

 

仲良くなることでどんな情報を得られるかと言うと、新しいショップの情報や話題になっているおいしい飲食店の情報が手に入りやすいです。もちろん人によって持っている情報が違いますので一概に言えませんが、私が関わってきた理容師や美容師の人たちは新しいものを知っている人が多かったように感じます。

 

圧倒的雑学力をつけるアウトプット方法

インプットした情報はきちんとアウトプットして自らの血と肉へと変えましょう。これができていないと結局は聞き流しになってしまいます。

 

主なアウトプット方法は以下の通りです。

情報をノートにまとめる

身近な人に教えるように話す

ブログなどで情報発信する

ツイッターでつぶやく

PCのメモ機能やエバーノートをつかい記録する

アウトプットはインプットよりも少し工夫が必要です。

 

まずは最も簡単な方法は身近な人に教えるということです。これは情報を仕入れたらすぐに伝える。それだけでも知識をある程度定着させることできるのできます。

 

これは最も簡単な方法なので、何か新しい情報や知識を得たらすぐに誰かに話してみましょう。誰かに教える事は、頭の中にある情報を再度整理して伝えることになるので定着させやすくなります。

 

しかし問題もあります。その身近な人がいろんなジャンルのお話を聞いてくれる人であればいいです。しかしそんなに都合のいい人なんていませんよね?

 

そこでおすすめはツイッターです。ツイッターは仕入れた情報をすぐに文字に起こしてつぶやくことができます。ツイッターを使うメリットとして、文字制限がある中で情報をまとめなければならないので、まとめる力が到着します。

 

頭を使ってまとめた情報は記憶に定着しやすく、文字数もそれほど多くないので時間も使いすぎないでしょう。断片的な情報整理にはTwitterが相性バッチリです。

 

映像で残したい情報はブログやInstagram、PCのメモ機能を活用するといいです。エバーノートもいいでしょう。ただしエバーノートは少し注意であくまでインプットするだけにならないようアウトプットの時間をとり定期的な確認が必要です。

 

マックユーザーならメモ機能がめちゃくちゃ便利です。マックのメモ機能だけで一記事書けるほど魅力的なツールですので一度アウトプットの場所として活用してみてください。

 

▼オススメのアウトプットの書籍(画像クリックで詳細見れます)

圧倒的なアウトプット量を誇る日本一情報を発信する精神外科医による書籍です。

はじめにの部分で出てくるこれまでのアウトプットの実績に圧倒されます。

一度読んでみても、値段以上の価値があります。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました