ザバス ミルクプロテインを全力でオススメ 手軽にタンパク質補給

スポンサーリンク
ボディーメイク

上記の綺麗に並んだザバスのミルクプロテインの画像は私が撮影したものです。

どうでしょうか?

ザバスのミルクプロテイン愛が伝わるでしょうか?(笑)

これまで様々なプロテインを飲んできましたが、こちらのザバスプロテイン、個人的にかなり重宝しているので今回はコイツの”良さ”について少々暑苦しく語ります。

スポンサーリンク

ザバスプロテイン脂肪0シリーズ

トレーニーではもはや知らない人は少ないでしょう。

明治ザバスプロテイン脂肪0シリーズ。

コンビニなどで手軽に購入することができますよね。

最近のコンビニでは見ない店がないと行っても過言ではありません。

 

【ザバスミルクプロテインのオススメポイント4つ】

脂肪0で高タンパク

常温OK

美味しい

コスパがいい

 

それではそれぞれについて説明します。

 

脂肪0で高タンパク

トレーニーに限らずダイエッターにも嬉しい脂肪0。

ダイエットでは無駄なカロリーを摂取せずにタンパク質などの栄養素をとっていくのはかなり難しいですよね。

またトレーニーでは減量期でカットを出していく時期には最良の選択となるでしょう。

トレーニーには嬉しいホエイ由来かつ高タンパクの15g 。

 

常温保存OKで頼れるやつなんです

パウダータイプのプロテインはその特性から数日間の作り置きはできず、その都度調整しなければなりません。

しかし、このザバスプロテインはドリンクタイプにも関わらず、期限内であれば常温で保管できる優れもの。

会社のデスクの中に何本かストックしておくことも可能なんです。

大量購入しても自宅の冷蔵庫を圧迫することもありません。

常温保存可能品だからこそ旅行に2〜3本持っていくこともできるのです。

 

これって地味にすごくないですか?

 

 

美味しくコンパクトにプロテイン

430mlタイプと200mlタイプがある中、筆者のお気に入りは200mlタイプ。

理由はコンパクトだから。

どちらの容量も含有タンパク質量は15gです。

このコンパクトさ、ジムバッグに入れても邪魔にならないし朝の出勤時の緊急タンパク補給でもかさばらずビジネスバッグにストックしておけます。

コンパクトなプロテインは正義です

喉の渇きを潤したいのであれば430mlという選択肢もいいのかもしれません。

またそれぞれのサイズで発売されているフレーバーも異なります。

自分だけのベスト1を探すのもいいかもしれませんね。

この200mlタイプ、記事を書いている時点ではミルク風味、バニラ風味、ココア風味、バナナ風味が発売されています。

好みはありますが、どの風味も普通に美味しいです。

そして、シェイカーで作るプロテイン特有の泡もないので飲みやすいですね。

個人的にはバナナ風味が好みです。

納得のコスパ

パウダータイプに比べれば15gの摂取で比較した場合、やはり若干割高になります。

しかし、常温かつ手軽でシャカシャカする必要がなく、さらにシェイカーを洗う必要もないこちらの商品を選択する余地は十分あると思います。

シェイカーを洗うのって面倒ですよね。

それを考えると値段設定はちょうどいいところなのかなと思います。

トレーニングのすべてのプロテイン補給をザバスミルクプロテインだけで補うのは正直お金がもったいないですが、シェイカータイプと併用すると便利に活用できます。

さらに大量購入することで1本あたりの値段がかなり安くなります!

常温保存可能品目なので、大量購入も安心ですね^^

 

いかがでしたでしょうか?

普段はパウダータイプで摂取しつつ、出先での摂取や時間がないとき用のストックとしてザバスプロテイン脂肪0で手軽にプロテインを摂取しましょう。

もちろん、普段の食事からしっかりPFCバランスを考えることが最も重要。

工夫してより良いフィットネスライフを。

 

タイトルとURLをコピーしました