行動力の大切さ 自己啓発よりもまずは行動すること

スポンサーリンク
成功
スポンサーリンク

成功への近道とは?

皆さん、何かに熱中していることはありますか?

なんでもいいです。

  • フルマラソンを完走したい
  • 英語を話せるようになりたい
  • ロードバイクを始めたい
  • ネットから副収入を得たい

小さなことでも、大きなことでも何かに熱中している時ってありますよね。

そして、人生は一度きりなのでどうせやるなら最短最速で結果を出したいものです。

もちろん過程を楽しんでじっくりやる、というのもいいと思います。

しかし、今回は最短最速で結果を出すための考え方について、自己啓発本マニアの私が伝えられることを記事にします

成功への近道について、少しでも皆さんのためになればと思いますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

自己啓発本マニアの落とし穴

私は、無類の自己啓発本マニアです。

本屋へ行くと大抵自己啓発系のコーナーで立ち止まって、立ち読みを始めてしまいます。

これまで読んだ自己啓発系の本は数知れないのですが、自分の体感として本当に仕えている知識というのはかなり少ないんじゃ無いのかと思うのです。

全く無駄か?と言われれば無駄では無いのですが、必要のないすごい考えかたなどを吸収したって意味はないですよね?

だって、使わないんだもの。

そうなんです。

自己啓発本の落とし穴とは近道しているようで遠回りしてしまっていることが多いのです。

例えば、「ゴルフのスコアをあげるためのマインドセット」みたいな本があったとします。

マインドが大事だったのか〜と感心している前にまずは練習するなりコースに出るなりした方が絶対に上手くなります。

もう一つの例えですが、「転売で稼ぐための教科書」的な本があったとします。

その本を買ってみて全てを理解してから始めるより、まずは始めてみて売っていき、疑問が出てきたら調べる方が絶対に早く結果が出ます。

大抵の人は全てを理解してから始めようとする場合が多いです。

大切なことだとは思いますが、そのせいで結果を出すまでのスピードが遅くなっている可能性もあります。

 

最短最速で成功するための流れとは?

自己啓発本マニアの私がこれまでに効率的に人生を送ろうと思って、たくさんの本を読んできたわけですが、逆に遠回りしてたんだとこの歳になって気がつきました。

ちなみに33歳です

そんな私の失敗談から言えることは以下の通りです

インプットはとっても大事です。インプットした後は必ずアウトプットをしなければ知識や技能は定着しません。そしてインプットをするタイミングは壁にぶち当たったときに調べることが最も大切です。

もう一度言います。

インプットをするタイミングは壁にぶち当たった時です。

そして壁にぶち当たって調べたことは、今すぐ必要なことなので、その場でアウトプットをします。

この一連の流れがもっとも効率的です。

この青枠の中、地味に大切なことだと思うので囲っておきました笑。

有名人のように何かを成し遂げた訳ではないですし、成功者でもなんでもないですが、これまでの私の人生で感じたことなのでここに記しておきます。

自分への戒めも込めて。

つまり、上記から成功やゴールをするために最も大切なことはまずは始めるということです。

まずは初めてみて、それから考えていけばいいのです。

何かを成し遂げようとしているコヤジの皆さん。

まずは行動しましょう。

例えばフルマラソンを完走したいとします。

昔の私は、まずはマラソンのモチベーションをあげるシューズやランニングパンツを買いに行っていたでしょう。

そして書店に行ってターザンなどの雑誌でマラソン特集など組まれていたりなんかしたら買って研究していたと思います。

でも、それって自分のマラソンの走る能力には全く貢献しないですよね?

フルマラソンを完走したければ、まずは走らないとダメなのです。

そして走ってみて気がついたことがあったら初めて調べる。

足の裏が痛くなるのはなんでだろう?

シューズで走りが変わるのかな?

色々な疑問が出てくると思います。

あとはでてきた疑問について本やインターネットを駆使して調べていけばOKです。

まとまった内容の本を全て網羅する必要はありません。

時間も無駄ですし、結果も出るのが遅くなるだけです。

これはあくまで一例です。

まずは行動すること。

とても大切なことだと経験をもって感じています。

皆さんも、まずは行動してみて色々と感じてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました