シャコの食べ方知ってる?簡単で美味しい殻付きシャコの捌き方

スポンサーリンク
雑学
スポンサーリンク

シャコの食べ方を解説

皆さんシャコはお好きですか?

別名ガサエビ。

あのパンチを繰り出すエイリアンのような生き物です。

見た目は少しグロテスクですが、まるで美味を隠すかのごとく食べにくさ満点の生き物なので捌き方を伝授します。

普通に殻付きのシャコが美味すぎるので食べ方を知ってもらいたく今回はシャコの捌き方というタイトルで記事を書いてみました。

 

あまり好きじゃないという方、もしかして100円寿司のような水っぽい感じの小ぶりなシャコしか食べたことがないんじゃないでしょうか?

殻付きのシャコはとっても美味しく、旨味成分がたっぷりです!

イメージでいうと、エビの旨味成分をめちゃくちゃ濃縮した感じの味です。

しかも、100円寿司に使われているようなバサバサしたような食感ではなく、えびに近いような食感を楽しめます。

何よりも殻付きシャコの特権?として、子持ちシャコといって、これまた殻付きシャコでなければなかなか食べることができない珍味も存在します。

殻をむいた状態でも子持ちの場合もありますが、殻付きの方が絶対うまいです。

そこで、今回は殻付きシャコが急に目の前に出されても大丈夫なように食べ方について解説していきます。

 

これで海つりでシャコが釣れてしまっても大丈夫だね!

シャコの捌き方

ちなみに写真はボイルしているシャコです。

必要なのは調理バサミだけです。

体中トゲだらけなので注意して捌きましょう。

 

①まずは下の画像のように赤い点線に沿ってカットしていきましょう。

 

②カットしている状態です。胴体部分をサクッとカットしていきます。

 

③次に側面をカットしていきます。

 

④おっ!子持ちシャコですね!

 

⑤次に胴体、両側面をカットしたことによって殻がむけるようになったので剥いていきます。

 

⑥綺麗に剥き切ったら完成です。美味しくいただきましょう。

 

ここまで捌くのに慣れてくれば1分くらいです。

 

どうでしょうか?

簡単ですよね。

ちなみに殻付きシャコならではの食べ方があるので、この記事を読んでいる方は下の追加解説をみて通ぶりましょう。

 

通なシャコの食べ方

 

①通な食べ方。シャコの手の部分をもぎます。

 

②もいだら歯でかじって手の中の身を食べます。

 

これがうまいんだよね〜。ほんとみんな損してる。って言いながら食べるのがポイントです。通っぽいでしょ?笑

 

以上、シャコの食べ方講座でした。

実際、殻付きで売られていても、どう食べていいかわからないものですよね。

これを機会にぜひ殻付きシャコを食べてみてください。

見た目以上に旨味がすごいです。

体中トゲトゲしている生き物なので、ぜひ奥さんや子供には殻をむいてあげてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました