平成は実は激動の時代だった インターネットで個人で戦える世の中に

スポンサーリンク
こやじの独言

皆さんこんにちは。

平成から令和へ時代が変わり、身の回りに何か変化はありますか?

私の身の回りは特に変わった様子もなく、皆これまで通りの生活をしている印象です。

一方で、平成はインターネットが著しく発達しました。

世界がものすごく変化した時代だと感じています。

いわゆる激動の時代というやつです。

少し年配の方からすれば、平成の何が激動だ!となるかもしれません。

しかし、インターネットの力を考察することで、これまでは考えられなかったことができる世の中になっていると感じています。

この記事では、30代のおっさんが思うリアルな”今”について語りたいと思います。

スポンサーリンク

コミュニケーションツールの発達

コミュニケーションツールの発達。

これを聞いてみなさんは、まず何を考えるでしょうか?

 

私は間違いなく電話と答えます。

携帯電話やスマートフォンの発達はいちじるしいものがあります。

スマートフォンはもはや立派なコミュニケーションツールとなっています。

用事がなくても電話しますよね?

 

昔は、電話といったら用事を伝えるための道具でした。

 

少し話たいことがるんだけど、少し会える?

何時に集合する?

 

こんな感じです。

平成初期は気軽に電話を携帯している人なんて少なかったので、事前に待ち合わせ時間と場所を決めなければなりませんでした。

そのため、お互いにその場所がわからなければ会うことすらできません。

でも、今は地図を送れば一発ですよね?

もしくは住所をマップで調べればこちらから歩いて探すこともできます。

 

さらに、一昔前は電話はそのような用事を伝えるための手段であって、本当に意味でのコミュニケーションツールではなかったと思います。

まだまだ不完全でした。

 

しかし現在は本当に色々なことができます。

 

メールに子供の写真などを添付して、相手に気軽に近況報告ができますよね?

ツイッターで気軽に色々な意見を求めることができますよね?

いちいち手紙を書かなくても、ラインなどで文字によるコミュニケーションもリアルタイムで取れますよね?

 

しかも、いつでもどこでもです。

 

これって本当にすごいことですよね。実際。

すんごい時代になったもんだと思います。

 

 

専門知識が特定の人のものではなくなった

スマートフォンがない時代、携帯電話でもそこそこのコミュニケーションは取れました。

Eメールとどこでも通話可能な電話の機能があったからです。

それらによって人と人の情報交換は活発になりました。

自分の身の回りの人間の知識は自分の知識にしやすくなりました

 

そして、それに追い打ちをかけるように発達したのがスマートフォンによるインターネットの閲覧です。

 

これまでは自宅でパソコンでの閲覧が基本でしたが、スマートフォンの普及によってインターネットの閲覧がいつでも、どこでも、誰でも可能になりました。

そして、爆発的に長加速度的にインターネットが一般化されました。

 

インターネットの爆発的普及で何が起きたか?

 

それは情報や知識が特定の集団のものではなく、誰でも手に入れやすくなったということです。

 

薬の知識ってこれまでは医療従事者だけのものでしたよね?

でも今はスマホで、薬の名前を入れれば何に効くか調べられます。

 

商品の価格に関してもそうです。

どこでいくらで売られているのかすぐに調べることができます。

 

こうしたことが全ていいとは思いません。

誤った知識が拡散されていく可能性だってありますから。

 

しかし、きちんと情報を見極めて選んで活用することで、もはや情報は独り占めできないものとなっています。

 

英会話だって、ネットを使って上達した人もいるくらいですからね。

ひと昔前は間違いなく英会話教室に行くなりしなければいけなかったはず。たぶん。

人間による労働が著しく減った

人間がやっていた作業に近い労働をコンピューターがやるようになりました。

 

GUの会計システムとか完全にそうですよね?

セルフスタンドなどもそうです。

どんどん労働が減ってきています。

 

かといって稼ぎ口が減っているか?

むしろ増えているように感じます。

労働っていう意味では減っているかもしれませんが、チャンスは確実に身の回りに多数存在しています。

 

先ほどの「情報は特定に人のものではなくなった」という概念からわかるように、集団の時代から個人の時代へ変化しているように感じます。

 

個人の時代?

 

代表されるものにユーチューバーがあります。

彼らは自分を売り込むことで自分をブランド化し、情報に独自の価値を作ることに成功しています。

 

ブロガーもそうです。

世の中に有益な情報を発信して、その辺の小企業と同じくらい稼ぎ出している人もいます。

 

インスタだってそうです。

インスタグラマーの中にはインフルエンサーと呼ばれるカリスマが存在し、企業の広告等として報酬をもらったり、自分の商品を作り販売し販売している人がいます。

 

ネット販売もそうです。

店舗を持たなくても、オークションサイトや自分の通販サイトを作ることで物販が可能になります。

 

投資もそうです。

これまで新聞でしか知り得なかった情報がいつでも、どこでもスマホからチェックし、スマホから取引できます。

 

▼完全に会社から独立した個人の実力の時代へ変化しています。

他者との違いや思考が武器になる時代です。

情報を手にいれる能力が武器になる時代です。

他者への影響力が武器になる時代です。

 

インターネットとは小さな会社に匹敵するほどのパワーを個人で扱えるような世界です。

それが30のおっさんが昭和に生まれてから現在感じているリアルな今です。

なので、私もブログを通して、自分という人間が感じる情報を発信し続けて行きます。

 

この時代に乗り遅れないためにもね笑

波乗りモリスって呼んでくれ!

 

共感してくれる人が一人でもいたら嬉しいな、と思い記事にしてみました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました