どんな場面でも自信ある人は魅力的 手っ取り早く自信をつける方法とは?

スポンサーリンク
人間関係
スポンサーリンク

自信がある=人を惹きつける

魅力的な人ってどんな人だと思いますか?

魅力的に映る理由はいろいろな要素があると思います。

例えば笑顔だったり個性だったり、財力だったり、その人の魅力をアップする要素というのは様々です。

今回はその人の魅力がアップする要素の一つ”自信”について書いていきます。

 

ちなみに自信がある人とない人では、もちろん自信がる方が魅力的ですよね。

自信がある人っていうのは、自分のことが大好きな人が多いです。

つまり自信をつければ自分のことが大好きなれます。

逆に自信がなければ、自分なんか…。などのようにネガティブな発想になることが多くなると思います。

そんなネガティブな人の近くに人が寄ってくるはずはありません。

まずは自信をつけましょう!

 

もう一つ自信をつけることで表情や声の雰囲気が変わり、物理的にも人を惹きつけることが可能になります。

人と接する機会が多ければ多いほど、自信をつけた方がいいです。

もっともシンプルな方法でこの自信というやつをつけていきましょう。

自信をつける特効薬【何か一つを極めること】

例えばですが皆さんこんな経験ありませんか?

▶︎学校で得意な教科が好きな教科だったということ。

 

実は何か1つを極める事と自信をつける事は上記のようなことと同じような状態のことをいいます。

 

もう少し深くお話しします。

 

例えば数学がとてつもなく苦手だったとします。

数学の点数を取れなくて苦労しているにもかかわらず、数学が大好きと言う人はいると思いますか?

 

いませんよね?

 

逆に、理科がとても得意だったとします。

毎回テストをやれば90点以上は取れる教科だったとします。

やっぱり、理科は得意教科だったら好きになりますよね?

そして得意で好きな科目は自分の自信になります。

 

さらに自信というのは、何か別のことをやるときの原動力となるので、理科を極めたから次は苦手な数学頑張ろうかな?となります。

 

学校の科目の例からもわかるとおり、自分が得意なものを作ってしまえば、自信につながるのです。

その自信につながる得意なものは何でも構いません。

例えば趣味の何かでもいいですし、車に詳しくなったり、お酒について勉強したり、自分が興味のあるものについて深く学べばいいのです。

 

ちなみに私は筋トレで自分への自信をつけていっています。

またでかくなった?と聞かれるたびに俺は頑張っている!

と自信がみなぎります。

 

何かに一点集中して物事を極めることで、それが自分のステータスとなり自信へとつながります。

 

熱中している人は魅力的

自信をつける方法には様々な要素があると記事の初めにお伝えしましたが、何か1つを極める事をお勧めする理由がもう一つあります。

それは熱中している人は魅力的だということです。

 

何かに熱中しているものがあり、それについて誰かに聞かれたときは100%生き生きした表情で他人に語ると思います。

 

あの表情がとても大切です。

 

何かに熱中していると言う事は、他人から見てもとても魅力的な人間に見えるんです。

 

ですので自分に自信がないと言う人は、まずは自分の長所を伸ばす努力をするべきです。

長所はなくても自分の好きなことを極めれば良いのです。

それでもない人は筋トレをしましょう。

筋トレは男性ホルモンが分泌されることで、筋トレ直後は嫌でも自信に満ち溢れます。

何より筋トレは極めることで見た目にも変化が現れます。

その見た目の変化を自分で感じることで「俺もやればできる!」と言う境地に達することができます。

筋トレ最高!

 

 

 

 

 

【まとめ】

自信をつけるということは、自分の肩書きを一つでも増やしていく作業になります。

英語がネイティブだったら自信につながるでしょう?

お洒落な飲食店の情報に詳しすぎるようになれば女性との会話も楽勝ですよね?

ファッションに詳しければ、基本どんな場面でもお洒落して自信をつけることができます。(まあ、洋服で自分を着飾るというのは一時的な自信なのですが。今回の場合はあくまでセンスを磨くということです。)

いますぐ自分が誇れる肩書きを1つずつ増やしていきましょう。

1つ増えるたびにあなたは、自信たっぷりで周りから人が寄ってくるタイプの人間になっているでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました