ユーモアセンスを磨いて愛嬌のある人間になろう 人に好かれるコツ

スポンサーリンク
人間関係
スポンサーリンク

人に好かれる人間の特徴って?

楽しい人と一緒にいる場合と、つまらない人と一緒にいる場合、絶対に楽しい人と一緒にいたいと思いますよね?

聞くまでもないですが当たり前のことです。

それではどうすれば楽しいと思われることができるでしょうか。

 

今回はユーモアセンス溢れる愛嬌のある自分になるための方法を書いていきます。

 

愛嬌のある人はいつも笑顔

皆さん、クールな雰囲気で無表情でツンツンしている人と、いつも笑顔で笑っている人だとどちらが接しやすいですか?

まず人に好かれるためには入り口である、視覚から入ってくる情報を攻略しなければなりません。

人気のある人は大抵いつも笑顔です。

笑顔の人とは接しやすいなぁと感じるのは当たり前ですよね?

笑顔は人の警戒心を解く効果があると言われています。

ですので、どんなに気分がすぐれない時があったとしても、気になる人の前ではできるだけ笑顔を意識するようにしましょう。

笑顔を意識していた方が圧倒的に会話をする時間が増えることでしょう。

 

また、笑顔関係でもう一歩進んでやってほしいことがあります。

それは面白い時など笑う場面では、きちんと声を出して笑うと言うことです。

きちんと声を出してアハハハと笑うことで、その人への警戒心を解くとともに接しやすさや魅力がアップします。

 

自分をネタにできる

自分をネタにできる人はユーモアがある人間だと思われることでしょう。

自分をネタにすると言うのは以下の点で最強です。

  • 他人を傷つけない
  • 自分の事を知ってもらうことができる
  • 笑ってもらえる

自分をネタにできる人は面白いし、変なプライドもないので接しやすいです。

逆ににプライドがある人は自分をネタにすることができずに、何かをネタにする時は他の人間やモノをネタにしてしまうので、少しミスると変な誤解を生んでしまう可能性があります。

そういう点では自分をネタにできるというのはだれにも迷惑をかけないし、他人を笑わせることができるし、何と言っても自分の事を他者に理解してもらう事ができるので自分をネタにできる人は得をします。

 

そして、自分の事を分かってもらえれば、会話のネタが広がりますよね。

自分を面白おかしく表現できる人は愛嬌があって接しやすい印象を与えます。

お笑いの方達も自分のハゲをネタにしている方や顔がデカイのをネタにしている人たちがいますが、みんな普通に面白いしモテてますよね?

ええ、おそらく普通にモテていると思います笑。

自分のネタにできる部分を探していきましょう。

自分のコンプレックスをネタに出来たらもう怖いモノ無しです。

からかわれても平気になる

これが地味に一番大事な部分かもしれません。

自分の事を自分でネタにする事ができる人はいても、他者からからかわれるが苦手な人、いるんじゃないでしょうか?

 

実際、自分をネタにされたり、からかわれたりするのが平気な人は少ないと思いますし、関係性が浅いのに言われてしまうとムッとするのは当たり前です。

 

でも、そこをなんとか気持ちをフラットな状態にコントロールしつつ、照れ笑いができる人こそ愛嬌があって人気者になれる素質があります。

 

ただし、本気でバカにしてきているような発言には黙っていてはダメですよ!

今回伝えたいのは、冗談を本気にしない、という話です。

 

実際、軽く言い合いになってもお互いにいい気分にはなれません。

嫌な上司から言われれたらムッとくるかもしれませんが、あははっと言えるくらいの能力をつけるとなんとも感じなくなります。

 

そして、モテるコヤジを目指すなら女の子からのいじりには99%答えるようにしましょう。

これ、モテるコヤジの鉄則です。

私の周りでも、めちゃくちゃイジられるキャラの友人がいるのですが、いつもチヤホヤされています。

もはや才能です。

 

以上、ユーモアセンスや愛嬌力をアップするための方法でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました