Twitterのリスト機能を使いこなして溢れる情報をキャッチしよう

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク

Twitterの情報力の凄さ

この記事に辿りついた人は情報について興味があったり、Twitterの機能の「リスト」について興味のある方かと思われます。

 

私もTwitterをやっているのですが、これが案外楽しいのなんのって。

 

自分で情報発信をすることで頭の中が整理されるし、流れ出る情報を見ているだけで新たな発見があったりで、もう手放す事ができません。

 

ちなみに私は2015年にTwitterのアカウントを作成して、本格的に使い始めたのは2019年からになります。笑

 

Twitterなめてたぜ…。

まあ、なめていたというよりはSNSが怖くて使いたくなかったというのが正しいでしょう。

 

そんな私がなぜTwitterを再開したか?

 

それはかの有名なミュージシャン兼俳優の薬物による逮捕がきっかけです。

 

ある日なんとなーく寝る前にTwitterを開いたら4分前の投稿で逮捕のニュースがあったんです。

 

正直、初めは理解ができませんでした。

 

それもそのはず、Twitterの凄さがわかっていなかったので、これが本当のニュースなのかよくわからなかったのです。

 

それでも調べていくうちに、時間経過とともにそれが本物のニュースだということがわかりました。

 

それからTwitterスゲー、となりTwitterから情報を入手していこうと決めました。

 

ニュースの種類によっては、本当にテレビでは発信されないディープな内容もTwitterでは入手する事ができます。

 

それが本当に面白い。

 

今更Twitterの凄さを知ったのかよ?と笑われても構いません。

 

ところで話しを戻しますが、今更Twitterのサービスに惚れ惚れしている自分が最近活用している機能でリストというのがあります。

 

ご存知でしょうか?

 

このリスト、正しく使えば自分が気になるカテゴリー別に情報を入手することができるので、ぜひ、情報系コヤジたちには活用してほしいと思い記事にしました。

 

それでは前おきが長くなりましたが、リストついて見ていきましょう。

 

リストとは?

リストというのはカテゴリーわけのようなものです。

 

たとえば、私はブログ系の人のアカウントや投資関係のアカウント、ファッションに関するアカウント、好きな芸能人のアカウントをフォローしてるとしましょう。

 

Twitterのホームを開くと色々なジャンルの情報がごちゃ混ぜに表示されていてとてもわかりにくいですよね?

 

さらに個人的に気になるのが日中の株の相場が開いている時に投資関連のツイートだけを見たいとき。

 

いちいち探すのが面倒なんですよ。

 

そんな悩みを解決してくれるのがリストです。

 

このリストというのは好きなアカウントだけをまとめて作成でき、そのリストを開いている時は、そのリストの中に入れているアカウントのツイートしか表示されません。

 

わかりにくいですか?

 

では具体例を話します。

 

例えば、投資関連の情報だけを画面に表示させたいとします。

そこで投資関連だけのアカウントのリストを作成します。

そのリストには、例えば日本経済新聞のアカウントとNHKニュースを登録したとします。

そうしてできたリストを開くと、日本経済新聞のニュースとNHKのニュースだけが表示されるようになります。

 

地味にこれって便利ですよね?

 

しかもトップページのようにリアルタイムで表示されていくので日中の取引を行っている相場中はとても便利です。

 

活用してみてはいかがでしょうか。

 

リストの作り方

リストの作りかたはとても簡単です。

 

PCからでもスマホからでも設定できます。

 

まずは自分のアイコンをクリックしていただくとリストという項目があります。

 

そこでリストを新規で作りましょう。

 

作ったらリスト名と簡単な内容を書く部分が出てきます。

 

ここは投資関係という文言など、自分で内容がわかるように書いてください。

ちなみに作成後でも訂正できます。

 

次に公開、非公開を選べます。

 

ここでポイントです。

初めから非公開を選んでおくことで、リストを作成した際、表示させたいアカウントを追加するのですが、相手にリストに入れた通知が行かなくてすむのです。

 

逆に言えば、公開を選んでリストにアカウントに追加をすれば、相手に通知がいってしまいます。

 

また非公開を選んで、リストを作成した後に公開へ変更する事で相手に伝わってしまう事もあるようです。

 

少し話しが逸れましたが、あとはここまできたらリストに表示させたいアカウントをどんどん追加していくだけです。

 

さらにリストに追加したアカウントはフォローしていなくても大丈夫なので、自身のフォローが0でもリストを作成する事ができます。

 

つまりフォローしないで特定のアカウントのツイートを見ることができます。

 

使い方によっては幅が広がりますよね?

 

リストは公開する事で自分の作成したリストを他人も見る事ができます。

 

状況に応じて公開・非公開を選んでいきましょう。

 

以上、リストの活用術と設定方法でした。

ご活用ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました