男らしい全身黒のワントーンコーデは異素材テクニックを駆使せよ

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク

ワントーンコーデ

ワントーンコーデって難しいですよね?

 

実際、全身黒だと結構ハードルたかいですよね。

 

やってみるとなんか、あれ?となることあると思います。

 

しかも、全身黒ともなればかなりカッコつけオーラ全開になってしまいがち。

 

それでも似合っている人は似合っています。

 

いえ、実は似合っているのではなく、ちょっとした工夫があるのです。

 

今回はそんなワントーンコーデを綺麗に見せるテクニックをご紹介します。

 

まずは、テクニックの前になぜワントーンコーデが難しいのか解説します。

 

なぜワントーンコーデは難しい?

ワントーンコーデの一番の敵、それはメリハリがないことです。

 

まず、上下の境目がないですよね?

 

そうです、パンツとトップスの境目がなくなるとタイツみたいにのっぺりとしたスタイリングになってしまうんですよね。

 

さらにワントーンコーデの場合はサイズ感も重要になってきます。

 

ワントーンコーデはシンプルがゆえに、シルエットが綺麗だと垢抜けてみえるからです。

 

ただ今回はシルエットの話は割愛させていただきます。

 

なぜかというと、シルエットに関しては細身やゆったりしたシルエットなど人それぞれの好みや流行があるからです。

 

王道を言われるIライン、Yライン、Aラインに付いては別記事で書いていきますので、そちらをご参考に。

 

それでは本題のワントーンコーデでメリハリをつける方法をご紹介。

 

異素材を組み合わせることがポイントです

異素材の組み合わせにすることで、ワントーンコーデがのっぺりせずにメリハリのあるスタイリングになります。

 

例えば、デニム素材(パンツ)×綿(トップス)×レザー(アウター)

 

それぞれが同じ黒でも素材が違うので光の当たり具合でめちゃくちゃスタイリッシュに見えるのです。

 

もう一つの例として、スラックス(パンツ)×ニット。

 

こちらの組み合わせも生地の雰囲気に変化を持たせたものになります。

 

また、おんなじ黒でも素材が違えば若干の濃淡も出ます。

 

それを利用しましょう。

 

一つ例を見てみましょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gentwith Street Style™さん(@gentwithstreetstyle)がシェアした投稿

こちらのワントーンコーデ、どれも綺麗ですよね。

 

やはりポイントは素材感に変化がありメリハリがあることです。

 

きちんとトップスとパンツの境目もありますよね。

 

これはブラックデニム特有の黒がそうさせています。

 

また、トップスの綺麗な雰囲気とは変わって、パンツにダメージが入っていることもポイントです。

 

シンプルなトップスにはダメージジーンズなどの少し癖のあるものをチョイスしましょう。

 

ちなみに靴まで黒でもかっこいい理由はやっぱり素材の違いです。

 

 

いちばん左のコーデは特に、ブーツのツヤ感がシンプルコーディネートをワンランクアップさせています。

 

いずれのコーデにも、アウターに黒のレザーを持ってきても違和感なく合わせられるとおもいます。

 

それはやっぱり素材が違うからです。

 

ぜひ、皆様もこのコーデを参考にしてくだい。

 

ちなみにどのコーデも一番のスパイスは何か知っている?

それは筋肉です。

 

異素材に注意してさえいれば、ワントーンコーデは怖くありません。

 

ブラックデニムに綺麗な黒シャツなどいろいろな組み合わせを考えてみましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました