脚トレはつまらない?楽しくスポーツで脚を鍛える3つの提案

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク

脚のトレーニングは楽しくやりましょう

脚のトレーニングできていますか?

 

実は私、脚のトレーニングがめちゃくちゃ苦手です。

 

苦手というよりも好きではありません。

 

それでも足を鍛えなければチキンレックと言って上半身と下半身のバランスが悪くなってしまいます。

 

それじゃあカッコ悪いですよね?

 

やはり上半身を鍛えたら、下半身も同時に鍛えないとバランスが悪くなってしまいます。

 

もちろん足をバキバキに鍛える必要はありません。

 

あくまで上半身に対してバランスの良いレベルの筋トレで充分です。

 

そこで、今回はスポーツで楽しく脚を鍛える方法について書いていきます。

 

ちなみに今回登場するスポーツは以下のスポーツです。

自転車

バスケットボール

水泳

 

自転車で太ももを太くしましょう

これは想像つくと思いますが、自転車は効率よく太ももを鍛える事ができます。

 

いわゆるロードバイクやクロスバイクなどです。

 

初心者の方はとりあえず、ギア付きのクロスバイクなんかを乗ってみるといいでしょう。

 

ロードバイクのように本格的ではないですし、入門しやすいです。

 

また鍛えるという観点で行けばピストバイクでもいいかもしれません。

 

ピストバイクはギアがないので、自分の太ももだけが頼りになります。

 

ギアがついている自転車に比べて、多少ストイックになれます。

 

太ももを鍛えるという観点から、自転車に乗る場合は多少の高低差のある道を選んで見ましょう。

 

鍛えられる上に、余計な脂肪を分解してくれるので、日々のトレーニングによる体のカットも見えてくると思います。

 

何よりも自転車は気持ちいいですよね

余計な筋肉の分解を抑えつつ体脂肪を燃やして、かつ、太ももの筋肉を大きくしたいので、高ギアかつ登り坂、そしてBCAAを定期的に摂取して行いましょう。

 

バスケットボールで脚を満遍なく鍛えましょう

バスケットボールって目の前にゴールさえあればとても楽しいスポーツですよね。

 

気がつけば1時間2時間とシュート練習をしてしまうものです。

 

ただ、ダラダラとバスケットボールをプレイしてしまっていては太ももの筋肉を鍛えられません。

 

きちんとジャンプシュートをする必要があります。

 

しっかりとしゃがみ込み、思いっきり高くジャンプし、頂点でボールを放つと言うイメージです。

 

しっかりとしゃがみ込んだジャンプシュートは、回数を多くこなすことで太ももの筋肉が太くなります。

 

もちろんジムでの太ももの筋トレに比べれば、筋肥大と言う観点では成長は遅いかもしれません。

 

しかしバスケットボールでは楽しく太ももを鍛えることができます。

 

ちなみにバスケットボールでは、カーフも同時に鍛えることができます。

 

カーフ、つまりふくらはぎのことです。

 

バスケットボールは、他の競技に比べて真横への重心移動が多いスポーツです。

 

そのため、細かい調整を太ももだけではなくふくらはぎ足首と連動させて働かせなければなりません。

 

バスケットボールは足をまんべんなく鍛えるためのとっても便利なスポーツです。

 

スラムダンクの桜木花道のように朝早く起きて近くの公園のバスケットボールで軽く汗を流してみましょう。

 

それ以外の時間はひたすら上半身のトレーニングです。

 

水泳で太ももを大きく肥大させましょう

最後は水泳です。

 

水泳と言えば全身運動と言われていますが、足を書くことによって前に進む水泳は、特に太ももの筋肉が発達します。

 

もちろん手で水を書く動作もありますので、上半身を鍛えることができるのですが、上半身はジムで鍛えておいて下半身を水泳で補うと言うのも1つの作戦です。

 

実際私も、水泳をやっていた頃は太ももがめちゃくちゃ太かったです。

 

もはや太ももの筋肉をピクピクさせることができるレベルでした。

 

水泳はきちんとしたフォームで泳ぐことで確実に太もも太くできます。

 

コツとしては、膝を曲げないことです。

 

さらに水泳は効率よく脂肪を減らすことができるスポーツの1つです。

 

ぜひ足トレに悩んでいる方で効率を求めずに楽しく太くしたいと言う方は以上の3つのスポーツにチャレンジしてみてください。

 

どれかのスポーツは確実に誰でもできると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました