お洒落な本型ライトLumio sfで優しくムーディーな夜の空間を演出

スポンサーリンク
お洒落空間
スポンサーリンク

Lumio sfとは

本型のユニークな照明で、見た目は本そのものです。

 

木製の表紙をめくると、優しい光が空間を包み込みます。

 

本の中身が美しいシェードになっており、一つのアート作品のような照明です。

 

本自体にスイッチはなく、本を開くことが照明をつける方法です。

 

家デートに最適なムーディーなアイテム。

 

このアートのようなブック型ライトは開くことで本当に美しく優しい光に包み込まれます。

 

大切な人と家でデートをするにはぴったりです。

 

また広げ具合で明るさも調節でき、かつ充電式なのでテーブルの上や居間、寝室、野外まで何処へでも持っていくことができます。

 

電池要らずで実は防災グッズとしても使用可能?

こちらの照明は付属のケーブルがついておりUSBにつないで充電します。

 

1回の充電で8時間ほど使用できる使えるやつです。

 

もちろんデートだけではなく、普段のインテリアとしても活躍します。

また、USBのさしこみぐちは本のサイドのついており目立たない構造となっているのでデザインを損なうこともありません。

 

USB差込口が見えにくい構造で本当にお洒落です。

 

そして、実際防災グッズになるかといえば少しお洒落すぎる感も否めないですが、もしも、ソーラー式の充電があれば日中太陽が出ている時に充電しておいて夜はブック型ライトとして活用することもできます。

 

最大8時間の持続照明が可能なのでかなり役には立ちそうですね。

実際に使ってみた

照明大好き人間の私も実際に使用しているのですが、常に充電している状態だと、いつでもどこでも照明として使用できるので本当に便利だと感じました。

 

あまり持ち運ぶことはないですが、キャンプでテントの中でお洒落な空間を演出することも可能なのではと本気で思っています。

 

あとは、夜部屋を真っ暗にして、この照明だけで映画を見るのがめちゃくちゃ落ち着きます。

 

調子に乗って、薄暗い中でウイスキーを飲みながらPCをパチパチとやっていることもあります。

 

このブック型ライトがあることで、普段の家での夜が特別な楽しい空間に早変わります。

 

ただ、充電を忘れた時は結構焦ります。

 

コンセントの近くでしか使用できないので。

 

唯一のデメリットではないでしょうか。

 

ちなみに結構コピー品も出回っていて格安で売られていることがるので注意してください。

 

 

▼そのほか気になる詳細はアマゾンのリンク載せておきますでチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました