トレーニングとカフェインの関係について 上手に使って筋トレ効率化

スポンサーリンク
ボディーメイク

トレーニングとカフェインの関係について。

 

高重量を扱った筋トレマニアなら一度は試したことがあるでしょう。

 

筋トレ前のモンスターエナジーなどの高カフェインドリンクを。

 

今回、カフェインについて本当に効果があるのか、またデメリットや効果的な使いかたについてお話します。

スポンサーリンク

カフェインの効果って?

カフェインの大きな働きは中枢神経興奮によるものです。

 

例えば、それは覚醒作用だったり、微弱の鎮痛作用だったり、強心作用だったり、利尿作用だったりします。

 

覚醒作用はなんとなく皆さんお分かりになるかと思います。

 

いわゆる目が覚めた状態です。

 

副作用の方面からの呼び名は不眠状態に陥られせてしまうという表現になります。

 

鎮痛作用についてはカフェインが一部の総合感冒剤に含まれていることから理解できるでしょう。

 

強心作用は心拍数や血圧上昇にかかわります。

 

利尿作用、これはコーヒーを飲んだ後のあのトイレが近くなる状態のことを言います。

 

いわゆる頭がスッキリして疲れを感じさせなくするようなイメージがカフェインにはあると思います。

 

フィットネスの観点かた見ても、カフェインの興奮作用にはまだまだメリットがあります。

 

カフェインのフィットネスにおけるメリットをまず見ていきましょう。

 

フィットネスにおけるカフェインのメリット

まず一番に大きく挙げられるのは覚醒作用による集中力のアップです。

 

集中力がアップするとトレーニングの質もアップします。

 

また中性脂肪(体に溜まった脂肪)を分解して遊離脂肪酸(エネルギー源)として血中に送り込み、このタイミングで運動をすることで効率よく痩せられるようです。

 

簡単に言いうとカフェインありのトレーニングはダイエットの効率をアップさせることが期待できます。

 

最後のメリットとして、カフェインには骨格筋収縮力を微弱ながら高めるようです。

 

実際、パワーが上がるとして2004年まではドーピングリストに載っていたようです。

 

普段出せないパワーで筋肉を追い込むことで筋肉肥大が促される仕組みを作りだすことができます。

 

ここまででもかなりのフィットネスにおける利点が見えてきたと思います。

 

次はデメリット。

 

フィットネスにおけるカフェインのデメリット

デメリットは強いていうなら大量にカフェインを摂取してしまった場合の離脱症状や耐性です。

 

離脱期間は、頭痛や集中力の欠如を生むことがあるようです。

 

また耐性が出てくると、思うようにトレーニングに活かせない場合が出てきます。

 

何より強心作用があるため、過度なトレーニングで血圧や脈に影響することもあるので注意が必要です。

 

ちなみに日本では上限量の設定は決まってないそうです。

カナダでは成人で1日に400mgを超えないとなっているみたいです。

 

これは注意してカフェイン摂取量に気を使わなければなりませんね。

 

成人の1日の摂取量ですが、体型や耐性が絡んでくるので一概には上限量は決めることができないようですが、これからどの程度のカフェインを摂取するのかを知ることは重要なことだと思います。

 

 

目安の量ですが参考までにどうぞ!

  • コカコーラ350ml 35mg
  • スタバドリップコーヒーグランデ 300mg
  • LAWSONコーヒーSサイズ 100mg
  • モンスターエナジー355ml 144mg
  • レッドブル250ml 80mg
  • マウンテンデュー500ml 100mg

レッドブルでテンション高めていたけど、ローソンのコーヒーの方がカフェインだけで言ったら興奮するんだね!

※数値はあくまで参考の数値です。

 

 

 

 

カフェインを最もうまく利用する方法は?

まずは毎日カフェインに頼らないこと。

 

フィットネスでカフェインを利用するにはこれを守らなければなりません。

 

それは耐性ができるから。

 

耐性ができてしまうと思うように効果を体感することができません。

 

効果的に使用するために、だいたいの効果時間について知っておく必要があります。

 

だいたいですが30分〜45分ほどで血中濃度が最高になっているので、その時間にはトレーニングをしていると良いでしょう。

 

そして体内で3〜4時間で血中濃度が半分に低下してしまいます。

 

なのでカフェイン摂取の1時間後にはトレーニングをしていて、トレーニング時間は2時間くらいが最もよくカフェイン効果を実感できるのではないかと思います。

 

私は筋トレ中にブラックコーヒー飲むこともあります。

 

普段なれない重量に挑戦する日はカフェインと共に大いなる成長を遂げましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました