やる気や自信につながる成功体験と代理体験とは?

スポンサーリンク
ライフハック

何かを成し遂げたいときはやる気や自信って必要ですよね。

 

むしろやる気や自信が無ければ達成したくても、なかなか成功しません。

 

今回はそんなモチベーションや自信に直結する体験について書いていきます。

 

スポンサーリンク

成功体験で過去の自分からやる気をもらう

よく言われている成功体験という言葉。

 

文字通り成功してきた体験という言葉です。

 

過去の成功してきた体験から自分もやればできる!と自信を持つことで次の新しいチャレンジへのやる気や意欲をアップさせる方法です。

 

次にチャレンジするものは関連があるものでもないものでも関係ありません。

 

ちなみに成功体験の努力量が大きかったら大きかったほど、その後の自分へのやる気や自信というのは、とてつもなく大きくなります。

 

これは勉強に関しても利用することがきます。

 

例えば勉強嫌いでも一個の科目を集中的に勉強しまくるとします。

 

もう、満点をとるのなんて当たり前なくらいに深く深く掘り下げて勉強するのです。

 

すると、その科目が大好きになってきます。

 

それは内容がわかるからです。

 

そしてテストで満点近い点数をとったとします。

 

もう、その科目は得意科目になっているでしょう。

 

そうすると、自分もやればできるという気持ちがめばえ始めるので別の科目への意欲がわきます。

 

同時に並行して色々と手をつけるのもいいですが、まずは一つ、結果を出してみるものモチベーションの観点ではいいかもしれません。

 

ちなみに私はこの成功体験を利用してダイエットを成功させたあとに禁煙を成功させています。更に現在は週1〜2回の筋トレを習慣化することに成功。ダイエットが成功していなかったら禁煙も失敗していなかったと思います。

 

小さな成功の積み重ねが自分の過去の実績となり自信とモチベーションに繋がります。

 

代理体験出来るという勇気をもらおう

成功体験とはまた別の言葉で代理体験ってご存知でしょうか?

 

代理の体験。

 

つまり、他者が体験したことを疑似体験的に感じるということです。

 

簡単なことばで表現すればこんな感じです。

 

「あの人にできるなら、自分にもできる」

 

このような表現になります。

 

もしかしたらこれまでにも気がつかないうちに、このような呪文を唱えて成功を体験してきたこともあるのではないでしょうか?

 

ただし、代理体験というのは考え方に少し工夫が必要です。

 

それはその代理体験の元となる人が自分とかけ離れすぎていないということ。

 

自分との比較で対象者があまりにも先を行き過ぎている人だと、逆にやる気が奪われてしまうことにもなり兼ねません。

 

自分と対象者との比較で環境や状況がほぼ等しいときはこの代理体験という考え方から生まれるやる気やモチベーションは大きく自分へ返ってきます。

 

私は大学生の試験勉強のとき、よくこの方法を使ってやる気や自信を確かめながら進んでいました。あいつに理解できるなら自分にも理解できるはずだ!と言い聞かせながらゆっくり進めてみると不思議と簡単に見えてしまうものです。

 

 

成功体験代理体験をうまく使って自分の進化を止めないようにしましょう。

 

ものごとは考え方で進みかたが加速していきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました