大富豪アニキの教えを読んだら素直に人間のつながりの大切さに気づいた

スポンサーリンク
オススメbooks
スポンサーリンク

大富豪アニキの教え

「必死のパッチ」

「さわやかやろ?」

 

この言葉を聞いてピンとくる人は大富豪兄貴の教えを一度どこかで目にした事があるはずです。

 

とても印象深い言葉で何度も何度も文章中で出てくるので覚えてしまいますよね。

 

この本との出会いはかれこれ5年以上前にもなるのですが、時間がたった今でも内容がわかるくらい印象の強かった本です。

 

はじめは完全に大富豪という言葉が目にとまり手にした本ですが、内容はとても人間的で暖かいものでした。

 

著者はバリ島に住む日本人大富豪の丸尾孝俊さんです。

 

何度かテレビにも出られており反響を呼びました。

 

今回こちらの書籍をお勧めする理由について、自己啓発本マニアの私が記事にしてみたいと思います。

 

▼まとめるとこんな感じです。

ストーリー性があり読みやすい

当たり前のことが書いてあるんだけれども、例えが上手い

兄貴の豪快さが文章から伝わり面白い

まず本の内容ですが、よくある自己啓発本と少し違い、ストーリー性があるのでとてもわかりやすく書かれています。

 

タイトルがあって、それに対する解説的な文章とは違い、ストーリー性があるのでワクワクしながら読み進めることができます。

 

登場人物はほぼ主人公と大富豪アニキのみです。

 

その2人のやりとりから主人公が色々学んでいくのですが、それが本当に自分のようで読みやすい。

 

そして、大富豪アニキが各項目で主人公に教えを説いていくのですが、その教えに出てくる例え話がとってもわかりやすいし、納得してしまいます。

 

あたり前の事実を丸尾孝俊さんらしい例えで表現する事で、これまでも大切だなって思っていた当たり前の哲学が自分の中に入ってくる感じがあります。

 

あたり前のことにここまで気づかせてくれる本はなかなかないと思います。

 

さらっと読める本です。

 

また大富豪アニキなだけあって生活ぶりが本当に豪快なんだなと伝わります。

 

また、表紙に書いてある無一文から人生を変える25の教えとあるように、大富豪アニキももともとは無一文からスタートし庶民的な生活をしていました。

 

深夜のカップラーメンのくだりは本当に庶民的な描写で思わず共感します。

 

本当深夜のカップラーメンはうまいですよね!

 

 

▼こんなな人にお勧め

仕事への向き合う姿勢について考えたいかた

人とのつながりの大切さを見つめ直したいかた

 

仕事に対する考え方はよくある効率化など味気ないような内容ではないので仕事に対する向き合い方を考え直したいかたは一度読んでみてもいいかもしれません。

 

私もこれを読んでから仕事でお客さんに感謝される事が増えたように感じます。

 

1冊の中に大切な一行が必ず見つかると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました