サーモンは白身魚だけれども白身魚と赤身魚ってどう区別している?

スポンサーリンク
雑学
スポンサーリンク

サーモンは白身魚?!

サーモンは赤身魚?

 

いいえご存知の方も多いでしょう。

 

サーモンの身は赤く見えますが分類上は白身魚です。

 

え?赤身に見えるのに白身魚?

 

今回はそんな、魚の白身、赤身の分類について普段の会話で使えるレベルの雑学としてお勉強をしましょう。

 

赤身と白身を分けるのは筋肉の質だった

赤身魚と言えば、実際に身の筋肉が赤く見えるの赤身魚といいます。

 

その赤く見える理由が赤身魚と白身魚を分ける理由となっています。

 

赤身の魚にはヘモグロビンやミオグロビンが多く含まれています。

 

この成分は酸素を運ぶのに大切な役割を果たしています。

 

なぜ酸素を運ぶ役割の多い成分がたくさん含まれているのでしょう。

 

それは回遊性の魚と言うキーワードにヒントがあります。

 

回遊性の魚はひたすら泳ぎ続けます。

 

寝ている時も泳いでいます。

 

また集団行動が多くて表面を泳ぐ魚が多いです。

 

つまり、泳ぎ続けることで大量の酸素を必要とする魚が多いのです。

 

そのため体にはヘモグロビンやミオグロビンが多く含まれているのです。

 

これらの成分は赤く見えます。

 

そのため身の筋肉が赤く見えるのです。

 

それに対して白身魚はあまり動かないタイプの魚が多いです。

 

集団行動は少なく深海性の魚が多いです。

 

ちなみに、冒頭の部分の話に戻りますがサーモンは赤身に見えますがヘモグロビンやミオグロビンはごくわずかです。

 

実はサーモンのこの色はカニやエビの色素と同じ色素のアスタキサンチンが多いから赤く見えるのです。

 

ですので、サーモンはヘモグロビンの含有量がごくわずかで白身に分類されているのです。

 

ちなみにマスなんかも同じ理由で白身魚に分類されます。

 

主な白身魚の例としては、タイ、たら、ヒラメ、カレイ、ふぐ、穴子などがあります。

 

確かにカレイなどは集団行動というよりは孤立していて、じっとしているイメージがありますよね。

 

 

ヘモグロビンの量ってのはわかりました。

簡単に見分ける方法はないの?

 

 

こればかりは覚えるしか無いようです。

 

しかし、回遊性でなおかつ泳ぎ続ける性質があり大量の酸素が必要な魚は大抵赤身に分類されています。

 

これだったらイメージが湧きやすいですよね。

 

ちなみに赤身と白身を分ける数値的なものもあるのですが、ヘモグロビンやミオグロビンの含有量が100g中10mg以上を赤身でそれ以下を白身と分類しているようです。

 

以上、魚の雑学、赤身?白身?でした。

 

 

寿司を食べている時や、サーモン丼を食べながら、天井を見つめて「サーモンは白身魚だからなぁ…。え?知らなかった?」と急に雑学を披露してみましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました