2年間の禁煙で感じた禁煙をしてよかったと思うメリットについて

スポンサーリンク
こやじの独言

禁煙を2年続けてみて感じたメリットについてシェアします。

 

前回は私が禁煙に成功した方法についてシェアしました。

 

▼ご興味のある方はご一読を。

関連記事:数ある禁煙方法を試しても成功しなかった私が禁煙に成功した方法

 

スポンサーリンク

メリット1:無駄な出費が減った

これはあたり前ですよね。

 

タバコ代がなくなるのですから。

 

しかし、禁煙してみたら想像以上に出費の減りが大きくなったと感じています。

 

それは購入する場所が関係しています。

 

私の場合はコンビニでの購入が主でした。

 

そのため、コンビニではついで買いでいつも缶コーヒーなんかを買っていました。

 

1日1箱ペースだったので缶コーヒーと合わせると大体毎日600円ほどはかかっていた計算になります。

 

1日600円で1ヶ月約30日と考えれば、なんと18000円も使っていることになります。

 

これはまずいですよね。

 

禁煙することで、お金が増えていくわけです。

 

ちなみに、禁煙することで食欲が増すということを言っている本があります。

 

実際はそんなことなくて、口さみしくて食べてしまうという現象が起きているんだと思います。

 

そのことについては次に書いていきます。

 

とういうわけで、禁煙しましょう。

 

お金がどんどん貯まっていきます。

 

結構なまとまった時間が手に入る

この表現はかなり前向きな伝え方で表現してみました。

 

禁煙したことがある方はご存知かもしれませんが、禁煙をするととっても暇になります。

 

暇になるというよりは暇に感じるようになるのです。

 

それもそのはず、喫煙していたころはタバコが無くなると焦ってコンビニへ駆けつけたり、ちょっと一服をするために外の風を吸いに言ったりとちょこまかと行動することが多かったかと思います。

 

いざ禁煙してみると、全く行動する必要もなく、ただ同じ定位置にいてテレビをぼーっとみているだけでも十分過ごせるのです。

 

そして、時計をみると全然針が動いていないことに気がつきます。

 

時間が長く感じるのです。

 

あれ?めちゃくちゃ暇だな?どうしよう。

 

はじめは禁煙特有の暇さ加減から、このように焦り始めます。

 

しかし、慣れてくればまとまった時間を手に入れていることに気がつきます。

 

昔は焦ってちょこまかと行動していたなぁと過去の自分を冷静にみることができるでしょう。

 

なので、禁煙をしましょう。

 

火事の心配が必要なくなった

なんと言っても、個人的に禁煙をして一番のメリットはこれです。

 

家事の心配が大幅に減ったことです。

 

え?健康じゃないのかって?

 

確かに健康も大事ですが、私の場合は喫煙していてもしていなくてもさほど健康が向上している感じは体感として全くありません。

 

むしろ、これです。

 

自宅で灰皿を使って喫煙している人たちには火事というリスクが常についています。

 

これは喫煙者しかわからないと思いますが、消し忘れで大火事になるなんてことは毎年どこかで起こっていることですから、もし運が悪ければ俺も…。という思考になってしまうのです。

 

全国で起きているタバコの消し忘れによる火事も、皆起こしたくて起こしているわけではありません。

 

私は喫煙時代、この恐怖にめちゃくちゃ怯えていました。

 

その心配からの解放だけでも、禁煙してよかったなあと思います。

 

実際悩みごとが減った、とそう感じます。

 

それとここでは小見出しにはあえてしませんが、タバコミュニケーションというのはあるようでありません。実際禁煙してからでも喫煙者と交流持つことあります。タバコがなくなって友達作るなんて楽勝です。

いかがでしたか?

 

タバコは百害あって一利なしと言われるものですが、禁煙することでめちゃくちゃメリットがあります。

 

なんとなくタバコをやめるのが勿体無い、怖いというかたでも一度やめてみることをお勧めします。

 

機会があればぜひ禁煙にチャレンジしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました