【ブログ×読書】は自分への自己投資として最高の方法かもしれない

スポンサーリンク
ライフハック

こんにちはモリスです。

 

ブログの記事100記事書いたら一旦休止しようと思っていたのに、毎日毎日ブログを書く生活を続けていたせいか、体が勝手に動いてしまうようになってしまいした。

 

なので今日もブログを書きます。

 

今回はブログと読書についてです。

 

最近ブログを始めてからいろいろなことに気がつくようになったのでそのことについてシェアします。

 

ブログをやっていない方でも読める内容ですのでご一読を!

 

内容理解していただければ、いかにブログと読書の相性がよくて自己投資としていいのかについて分かっていただけると思います。

 

 

スポンサーリンク

ブログ×読書の効果

ブログと読書の効果についてまず理解するためにはそれぞれがどんな位置付けにあるかを考えてみましょう。

 

これを考えてみることで、ブログ×読書がなぜ最強の自己当時なのかが見えてくると思います。

 

最強のアウトプットツールであるブログ

まずブログですが、ブログは日々の思ったことや学んだことを書くための場所です。

 

デジタル版の日記として考えていただければわかりやすいと思います。

 

また、私のように、ブログを日々の日記としてではなく、自己の知識の再確認や役に立ちそうな情報をシェアする意味でコンテンツを運営している人もいます。

 

ブログをどうやっていくかは自由です。

 

ここまで読んでいただければわかると思いますが、ブログはアウトプットする場所として最適なのです。

 

よく、何かを学んだらアウトプットする作業をしなさいと言われていますが、ブログを書くという作業は自分の頭にある情報をネット上に移していく作業です。

 

なので完全にアウトプットの作業になってきます。

 

では読書は?

もうお分かりですね?

 

読書は最高のインプット作業

読書は代表的なインプットの作業になります。

 

自分の脳へ情報をインストールする作業です。

 

これがなければ、まず成長していくことはないです。

 

しかし、残念ながらインプット作業だけでも成長することはほとんどありません。

 

なぜなら、インストールした情報を正しく使えるようにならなければ自分の力として使っていけないからです。

 

なのでインプットとアウトプットはセットで大事なのです。

 

ここまでは、よくあるインプットとアウトプットのお話ですね。

 

ブログ×読書で処理能力が養われるから最強

ここまで読んでいただければインプットとアウトプットについて理解していただけたかと思います。

 

しかし、ここまではよく言われている一般的な内容でしかありません。

 

ここからは、アウトプットの方法をなぜブログがいいのかについて説明していきます。

 

実際アウトプットの方法は数多くあります。

 

他者に得た情報を伝えるのもアウトプットですし、日記にアナログでメモしていくこともある意味ではアウトプットです。

 

しかし、ブログは上記とはまた違った特徴があります。

 

それは、アウトプット作業をする前に、文章の構成や伝えるべきポイントなどを事前に処理しなければならないということです。

 

自分用の日記なら他者に見せることはありませんよね?

 

なので、そこには情報を書くときの緊張感というかなんというか、少し適当でも問題ないのです。

 

しかし、ブログは違います。

 

一度、公開すれば、世界中の人が閲覧することができます。

 

いかにわかりやすい項目をつけるか、いかにわかりやすい表現をするかを頭で考えて処理しながら、得た知識を文章に乗せて伝えるということが、個人的に最高の自己投資の時間だと思っています。

 

なので、ブログをやったことをないかたで読書をもしているならば、一度やって見て欲しいと思っています。

 

ちなみに、世の中には無料ブログもたくさんあるので気軽に始めることができますよ。

 

オススメは私も昔使っていたのですが、ハテナブログがおすすめです。

 

本当に書くために集中できるインターフェースが特徴でデザインなどに凝るとなると自由度は少ないですが、アウトプットをするだけならとてもいいブログだと思います。

 

気になるかたはぜひ!

 

タイトルとURLをコピーしました