秋のファッションはちょいゆるシャツで余裕のある雰囲気を

スポンサーリンク
ファッション

こんにちは、モリスです。

 

今回は久々のファッション記事を。

 

ここ最近めっきり寒くなり、空気が秋っぽくなってきましたね。

 

ファッションも夏から秋へ移行し楽しくなる時期です。

 

しかし、ここ近年はSNSなど流行の流れが早く毎年はやりが変わっているように感じます。

 

おしゃれなこやじは流行を押さえつつ、しかし流行で固めすぎないのが余裕のある雰囲気が出て最もモテるスタイルだと確信しています。

 

むしろ流行でガチガチなこやじってなんとなく気合いが入りすぎててちょっとなんか違う気もしませんか?

 

もちろんその人に似合っていれば全く問題ないのですが。

 

自分のことをわかっている。

 

そんな流行に左右されない部分と少し流行を押さえている感じがちょうどよくいいと思います。

 

今回は余裕感があるスタイルをインスタから学んでいきましょう。

 

個人的にもとっても気になっているスタイルです。

 

スポンサーリンク

ちょいゆるシャツで余裕感

ここ最近、ついつい手に取ってしまうのがちょっとサイズ感が緩めのシャツです。

 

ビッグTなど、数年前まではあまり見かけなかったビッグシルエットがよく見られた年でしたが、ちょっとゆるいシャツが、世のこやじたちにはいいスパイスなのでご紹介。

 

 

雰囲気的にはこんな感じです。

 

シャツがピタッとするのではなくちょっとゆるい感じ。

 

これが大人の余裕感を演出するスパイスなのです。

 

ちょいゆるシャツで体型カバー

ちなみにこちらのスタイルは筋肉ゴリゴリで鍛えていてもかっこよく決まります。

 

筋トレしているのに体型を隠す必要がない?

 

いいえ。

 

鍛えた肉体は少しオーバーなサイズの服の上からでもきちんと人には伝わります。

 

かっこいいのです。

 

鍛えていても気にせずオーバーサイズにチャレンジしてみましょう。

 

また、少しお腹が出ていても平気です。

 

体型カバーができるからです。

 

せっかくかっこよくビシッとシャツを着ていても、立ったままだと決まっているのに、ソファに腰掛けた瞬間お腹周りがパツパツなんてことはオヤジのシャツスタイルではあるあるですよね。 

 

これを回避するのがこのちょいゆるシャツのいいところなのです。

 

参考としてもう一つみてみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JOHNNY EDLIΠD †さん(@johnnyedlind)がシェアした投稿

 

こちらのインスタもいい感じでゆるーい雰囲気でシャツを着こなしていますよね。

 

シャツはぴったりジャストサイズではなくても正解なんです。

 

少しゆるいくらいが余裕のある大人な雰囲気が演出できるのでぜひ、ためしていただけたらとおもいます。

 

それだけで、周りのこやじたちとは、ちょっと違う雰囲気を醸し出せるはずです。

 

普段はビシッとスーツで仕事なら休日のシャツスタイルはゆる〜くいきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

少しでも参考になればと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました