ミニマリストを少しだけ実践したら頭の中がクリアになった

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、かっこいいオヤジ研究家のモリスです。

この記事を読んでいる皆さんは所有物が多い方ですか?それとも少ない方ですか?

物欲は高い方ですか?それとも少ない方ですか?

 

実は私、恥ずかしながらミニマリストという生き方は極限まで『モノ』を持たない生活をしている人たちなのだと思っていました。

 

つい先日見たドキュメンタリー番組で、実際のミニマリストの生活を覗き見したところ、ちょっと自分が思っていた生活と違っていました。

 

とにかく極限まで所有物を少なく生活すつ人たちのことをミニマリストだと思っていたのです。

 

ミニマリストについて理解を深めていくと、これまで窮屈な生活をしていそうだと思っていた人たちがは、逆に豊な生活をしているのではないかと思うようになりました。

 

今日は私が学んだ「ミニマリスト」について皆さんと共有できればと思い記事にします。

スポンサーリンク

ミニマリストって?

ミニマリストとは、自分の周りの必要最小限のモノで生活をする人たちのことです。

自分の生活に不必要なモノは捨てていきシンプルな生活を楽しむ人たちのことです。

 

実はこのミニマリストの説明をきちんと理解していなかったがために、個人的に勘違いした目線でミニマリストの人たちを見てしまっていました。

 

どう勘違いしいていたかというと、以下のような感じです。

 

・どうせ無理やり窮屈な生活をして不自由を楽しんでいるんでしょ?

・自分はこれだけの物でも生活できるんだ、という自慢なんじゃない?あんま無理しても羨ましくねーぞ。本当。

・シンプルで洗練された部屋だけど本当に幸せなの?モノをたくさん持っている方が楽しいでしょ?iPadとはiPhoneとか。

 

とまぁ、こんなように思っていました。(完全に偏見ですが)

 

でも、実際に学んでみると、自由を楽しむのがミニマリストなのだと思うようになりました。

 

彼らは決して無理をしてシンプルな生活を続けているわけではなかったのです。

 

そして、どんどんミニマリストの生活に憧れるようになりました。

 

上記の自分の偏見について一つ一つ打開していきますね

 

ミニマリストは自由

ミニマリストは決して不自由ではない。

 

それはなぜかというと、不必要なモノを積極的に捨てているからです。

 

逆に言えば、本当に必要なモノを厳選して生活しているのです。

 

当たり前のことを言っていますよね。

 

でも、それに尽きるのです。

 

例えばファッションで話を進めてみますね。

 

洋服がたくさんあっても、毎日着用するのは本当に一部のモノだったりしませんか?

 

ジャケットはそんなにたくさんの種類が本当に必要ですか?

 

同じ黒のTシャツを何枚か持っているいるけど、微妙なサイジングがあるのかもしれないけど、全部同じに見えるかもしれません。

 

このようなことはどんな人でもあるあるかと思います。

 

ファッションに置き換えると、それらを厳選して使っていきましょう、という話です。

 

結局厳選すれば、選択する際の時間の節約にもなりますし、厳選することで毎日がぴったりの自分の着こなしでいることができるのです。

 

逆に時間が節約できないというのは不自由でしかありませんよね。

 

選択肢が広いと言う事は、不自由と言う事でもあります。

 

選択肢を広げてもいいですが厳選することが大事です。

 

一見、ものをたくさん所有している方が自由なように見えますが、ミニマリストから言わせればそうではありません。

 

モノがありすぎて、どれを選べばよいかわからない状態こそが不自由なのです。

 

そしてそれが、ミニマリストが自由と言う理由になります。

 

ミニマリストという生き方が主張されすぎ?

ミニマリストの方を見ると、どうしても自慢しているように見えてしまいます。(自分だけ?)

 

そう見えない方はここの章は飛ばしてください。

 

確かにミニマリストの生活をしている方たちは、洗練された印象を持っており、いかにも快適そうな雰囲気で情報発信をしていますよね。

 

しかし彼らは、純粋にミニマリストにメリットを感じており、それを周りに伝えたいだけなんだと気づきました。

 

本当にミニマリストについて学んでいくうちに、ミニマリストと言うライフスタイルにメリットしか感じなくなっていきます。

 

そしてそれを周りに伝えたくなるのです。

 

これは自分も例外ではありません。

 

実際記事にしてしまっているのですから。

 

ただ勘違いして欲しくないのは、やりすぎたミニマリストは、間違いなく不自由です。

 

ものは少なすぎてもダメなのです。

 

あくまで自分が必要と思う最小限のものを厳選することが大事です。

 

窮屈だけど、できるだけ少なくした結果がバックパック1個になりました。

 

そう自慢されても、誰もうらやましくはありません。

 

本は電子書籍で良いかもしれませんが、紙媒体の方が貸し借りできるし、自分の人生が豊かになるのであれば紙媒体の方がミニマリストとしては正解です。

 

何でもかんでも今の時代のものにあやかるのは違うのです。

 

素直に自分の心の中に問いかけて、自分の人生を豊かにしてくれる最小限のものを厳選することが大切です。

 

ミニマリストの人たちは幸せ?

実はものをたくさん所有している人よりも、ミニマリストの人たちの方が幸せ度が高いです。

 

完全にそうとは言い切れませんが、ミニマリストの方たちは人生において何が大事かを理解しています。

 

人間はモノによって操られています。

 

たくさん所有することが幸せの形と勘違いしてる人もいまだにいると思います。

 

真の幸せとは物の数や質ではなく、人生そのもののストーリーの中にあると言うことに気づかなければなりません。

 

あなたがもし死んだときに、高級車を持っててよかったなぁ、と思って死んでいくと思いますか?

 

そんなこと思い出しながら死んではいかないですよね。

 

死ぬ時はどちらかと言えば、家族のことや大切な仲間のことを思って死ぬと思います。

 

思い出こそが人生に必要なものなのです。

 

しかし私たちは今の生活をより良いものにしようと宣伝広告に洗脳され不安をあおられ多くのものを求めてしまいます。

 

もちろん消費活動がダメというわけではありません。

 

モノを買うときは心の中にもう一度問いかけ、この目の前にあるものは自分の人生をより良いものにするかどうかということをということが大切なのです。

 

自分の人生を豊かにしないものはどんどん排除していきましょう。

 

ミニマリスト人たちは、自分でものを選択して生きていると言う意味でも、社会に反応して生きている人たちに比べて、自分の人生に対して充実していると感じている人が多いと思います。

 

まとめ

結局幸せはすぐ目の前にあり、それは高級なものを所有するものでも貴重なものをたくさんコレクションすることでもありません。

 

人とのつながりと、思い出こそが真の価値のあるものです。

 

ものはいずれ壊れます。

 

しかし思い出は心の中にとどまってくれます。

 

そして自分の人生をより良い彩りのあるものにしてくれます。

 

無駄な消費行動はやめましょう。

 

世の中に踊らされるのではなく、自分の人生を意図して生きましょう。

 

ショッピングばかりに時間を費やさずに、いますぐ人に会いにいきましょう。

 

それがミニマリストという生き方です。









タイトルとURLをコピーしました